香港の夜景とマカオの世界遺産を3日間で周ってみた


最初に僕が感じた香港観光の魅力は夜景とグルメです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
東京と比較しても空気が悪く気持よく観光できるかは人によると思います。
(繁華街では歩きタバコをしている人が多く、3日目で喉がいがらっぽくなりました)

ただ、奇抜なデザインの高層ビル群や、活気で満ち溢れた繁華街は歩きまわるだけでもアジアンパワーを感じることができます。
この記事で香港旅行を疑似体験してもらえれば嬉しいです。

香港2日+マカオ1日の周遊モデルプラン

▼香港1日目
05:00 ファーストキャビン羽田チェックアウト
07:15 羽田空港発
08:35 関西国際空港着
10:40 関西国際空港発
13:00 香港国際空港着
13:50 空港内でオクトパスカードを買う&空港で1万円分両替する
15:30 ドーセットモンコック香港チェックイン(住所: 中国香港九龍大角咀道88号)
17:00 MTR尖沙咀駅すぐ近くの重慶大厦ビルの2Fの3店舗を比較して旅費を両替&市内観光
20:00 シンフォニー・オブ・ライツを鑑賞&尖沙咀エリアを散策
 23:00 ホテル着

▼香港2日目
10:00 アベニュー・オブ・スターズのブルース・リー像
11:30 スターフェリーで中環へ
12:30 北角までトラムで移動し市場散策
14:00 添好運点心専門店(世界一安いミシュランレストラン)でランチ
15:30 ソーホーエリアで飯・散策・買い物
17:30 ビクトリア・ピークで夜景鑑賞
23:00 ホテル着

▼香港3日目(マカオ観光)
10:35 上湾からジェットフェリー出発
11:35 マカオ到着
12:30 タクシーでセナド広場ー民政総署ー聖ドミニコ教会ー聖ポール天主堂ーモンテの砦付近を散策
15:00 カジノ&飯
16:30 フェリーターミナル着
17:15 マカオ出発
18:15 到着
19:30 女人街・男人街などを散策・お粥やお菓子の食べ歩き・安いマッサージ
23:00 ホテル着

▼帰国日
06:00 起床
07:00 出発
08:30 空港着
10:40 香港国際空港発(機内では旅の日記を書く)
16:05 羽田国際空港着

上のモデルプランで行くとこんな体験ができます

香港島は想像以上に細長いです。このビルの後ろはもう山が迫っているような感じです。

もはやコンクリートも侵食され原型がそろそろ分からなくなってきそうです。

有名なブルース・リーの銅像。2mもあるそうで周囲は同じポーズをする観光客でいっぱい。

香港名物の2階建てバス・トラムに乗ります。
空港で作った日本で言うSuicaみたいな共通カードでも乗れます。
どこまで乗っても2.3香港ドル(1香港ドル:15円)と安いし便数も多く便利。

香港島のセントラル駅付近。なんとなくニューヨークみたいな感じですね。

アップルストアはどこいってもオシャレですね~

西洋系の方々が多い地区です。昼間から皆さんお酒を飲まれているようです。
ちなみにここには世界一長いエスカレーターがあります。

オシャレなカフェやショップが集まるソーホー地区

いよいよ100万ドルの夜景を見にヴィクトリアピークを目指します。

ヴィクトリアピークに行くにはピークトラム(ケーブルカー)かバスかタクシーになります。
はじめ、ピークトラムで行こうと思い、乗り場に行きましたがものすごい人、人、人…で諦めてタクシーで行きました。
中国の方々との休みが重なると本当に混雑するので、できたらその辺の事情も事前にリサーチをして行くべきと思いました。

写真は有名な夜景が見れるスポット「ヴィトクリアピーク」にあるカフェ。
到着時はいい席が全て埋まっていたので、帰りに寄ってみたらほとんど誰もいなくて、夜景を見ながらゆっくりお茶しました。

上空は霧がかかりやすいのか、視界不良です。
どこ行くにしてもベストシーズンを狙ったほうが間違いないですね。

帰りは相乗り風の小型バスで帰りましたが、ほとんどジェットコースター状態で最高でした。

香港島の夜景。
日本の大企業のネオンサインもいくつかあります。

毎晩20:00からやっている音楽と光がシンクロするショー「シンフォニー・オブ・ライツ」
九龍側に最近できた500m級の高層ビル「ICC」のイルミネーションもスゴイ・・・
ビル全面LEDでテトリスなどが再現されていました。

香港の夜景をちょっと贅沢に見るなら「Le 188°Restaurant&Lounge」がオススメです。
対岸に見える香港島の夜景が遮るものなく見渡せます。

私は旅行先の景色の良い場所で時間をゆっくり使うのが好きです。
組まれたスケジュールをタスクのように処理していくようなバタバタした旅行は忙しいだけで苦行になります。
見たかった景色を前にして、ずっとその景色を見ながら自分と向き合う時間がとても価値があるように思います。

北角の市場です。市場の真ん中をトラムが汽笛を鳴らしながら走ります。

観光客がくる所ではなく、市民の台所という感じがまたいいです。

世界一安いミシュラン一ツ星レストラン「添好運點心專門店」です。
飲茶料理メインで、一人100香港ドルも出せばお腹いっぱい食べれるやすさです。

名物のチャーシュー餡入りメロンパン。
信じられない組み合わせですが、信じられないくらい美味しかったです。
香港の飯は本当にどこで何食べても美味しいです。

次のページ>日帰りで世界遺産めぐりとカジノ体験!マカオ観光レポート


Sponsor

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。