2018年アジア最新物価!バックパッカー世界一周の費用〜中国→タイ→ラオス→ミャンマー


世界一周の費用(中国・東南アジア編)

2018年3月14日から1年間の予定で世界一周の旅を開始しました。
王道の西回りで約1ヶ月間で以下のルートを回りました。

  1. 3/14〜中国・上海
  2. 3/20〜タイ・バンコク
  3. 3/24〜タイ・プーケット
  4. 3/27〜タイ・ピピ島
  5. 3/31〜ラオス・ルアンパバーン
  6. 4/9〜ミャンマー・ヤンゴン
  7. 4/14〜ミャンマー・バガン
  8. 4/18〜ミャンマー・マンダレー

このページでは、これから東南アジアをバックパッカー風に旅する人に向けて、2018年最新の各国の物価が分かるよう宿泊費、交通費、飲食費を余すこと無く紹介します。
旅の計画をたてる上で参考になれば幸いです。

ちなみに僕の旅のスタイルは全てゲストハウス(ドミトリー滞在)で、食費も抑えるために1日2食でなるべく安い場所で食べるようにしています。
さらに、朝食はホテルの無料朝食または、バナナ・パン・ヨーグル・フルーツなど現地のスーパーやマーケットで安く仕入れて食べてます。
基本的に外食は1日1回を目安に旅しました。

※尚、現地通貨から日本円への変換はスマホアプリ「Currency」をベースにしています。
※宿泊予約は主に「Agoda」「Booking.com」を使用しています。
※航空券は主に「Skyscanner」を介して「AirAsia」での予約が多かったです。

高かった1回の飲食代ベスト5(飲み会は除く)

  1. 中国・上海のスターバックス・リザーブロースタリーのコーヒー:880円
    上海のスターバックス・リザーブロースタリーなんとこのコーヒーが1食あたりで最高金額でした。
  2. タイ・ピピ島の海が目の前のレストランで食べたパッタイとスムージ:820円
    ピピ島の海が見えるカフェ贅沢な環境の割にリーズナブルな料理を提供してくれるピピ島の「Carpe Diem Beach Bar & Restaurant」
  3. タイ・バンコクの日本食レストランで食べたたこ焼きと焼きそば:670円
  4. 中国・上海の人気中華料理点で食べた小籠包とヌードル:660円
  5. ミャンマー・マンダレーのレストランで食べたフライドライスと野菜肉炒め:660円
    マンダレーのチャーハンマンダレーの油たっぷり野菜炒めこの野菜炒めはオイリー過ぎてお腹少し壊しました。。

安かった1回の飲食代ベスト5(スィーツ系は除く)

  1. ミャンマー・バガンの野菜たっぷりチキンヌードル:160円
  2. タイ・プーケットの屋台のワンプレート(激辛チキンライス+野菜炒め):170円
  3. タイ・バンコクの屋台の豚メシ:170円
  4. ラオス・ルアンパバーンの屋台のワンプレートビュッフェ:190円
    ルアンパバーンの屋台ビュッフェお皿に好きな料理を盛り放題だけど、盛り付けによっては何を食べているか分からない”餌”のようになるので注意…。。
  5. タイ・プーケットのナイトマーケットのパッタイ:200円
    プーケットの屋台

    プーケットのパッタイこれで200円は安い!
    タイ料理でパッタイを外したことはないです。
    とりあえずタイではパッタイ食べれば間違いなしって感じです笑

【番外編】食費を節約するならバナナとヨーグルトとパンで1食置き換え

僕は現地の果物とパンを1食分として食べる機会も多かったです。
お腹も壊さないし、お財布にも優しいので旅する上でバナナは最強フードです。

ピピ島の節約ブレックファースト(バナナ)

ピピ島の節約ブレックファースト(ヨーグルト)

ピピ島の節約ブレックファースト(食パン)

宿泊費が安かった都市ベスト5

  1. ラオス・ルアンパバーン(chill Riversaide Hostel):700円/1泊
    ルアンパバーンのゲストハウス(テラスラウンジ)川の側にあるテラスで朝食やネット、読書ができる環境の素敵なゲストハウスでした。
  2. タイ・バンコク(Cazz hosetel & Coffee Shop):750円/1泊
    バンコクの猫カフェの猫猫好きにはたまらない猫カフェゲストハウスです。
    Wi-Fiも早くて何日でも泊まれそう…
  3. ミャンマー・ヤンゴン(Backpacker Bed & Breakfast):870円/1泊
  4. ミャンマー・マンダレー(Downtown @ Mandalay):900円/1泊
  5. タイ・ピピ島(ピピバケットホテル):1,280円/1泊
    ピピ島のゲストハウス前のストリートホテル徒歩1分でビーチという最高の環境!
    ドミトリーはエアコンに冷蔵庫完備は良いけど、玄関からダイレクトにドミトリーという本当に寝るだけの場所でした。
    ピピ島に限らず海に近い宿は高めですね。

費用一覧

交通費(2018年3月〜4月)

便 移動手段 種別 料金
なんば駅-関西国際空港 電車 片道 ¥920
関西国際空港-上海空港 飛行機 片道 ¥18,701
上海空港-リニア駅 電車 片道 ¥670
リニア駅-南京東路駅 電車 片道 ¥67
南京東路駅-南京西路駅 電車 往復 ¥120
南京東路駅-豫園 電車 往復 ¥120
南京東路駅-Lujiazui 電車 往復 ¥120
南京東路駅-南京西路 電車 往復 ¥120
南京東路駅-上海空港 電車 片道 ¥230
上海空港-スワンナプーム空港 飛行機 片道 ¥18,064
スワンナプーム空港-バンコク市内 電車 片道 ¥150
ラビッツカード 300バーツ 電車 片道 ¥1,020
カオサン通り-サイアム バス 片道 ¥20
ホテル-バス乗り場 タクシー 片道 ¥200
バンコク-アムパワー水上マーケット バス 片道 ¥270
アムパワー水上マーケット-メークロン線上市場 バス 片道 ¥330
メークロン線路上市場-Ban Leam駅 電車 片道 ¥30
Ban Leam駅-Maha Chai駅 片道 ¥20
Mha Chai駅-Talat Phlu駅 電車 片道 ¥30
Talat Phlu駅-BTS駅 乗り合いタクシー 片道 ¥20
ラビッツカード 200バーツ 電車 片道 ¥670
ホテル-シリアート博物館 タクシー 片道 ¥270
N10-N8ワットボー 片道 50
N8-N1 片道 ¥170
シーロム駅-タイカルチャーセンター駅 電車 往復 ¥200
Mochit駅-ドンムアン空港 バス 片道 ¥100
プーケット空港-パトンビーチ バス 片道 ¥600
ドンムアン空港-プーケット空港 飛行機 往復 ¥9,940
パトンビーチ-ピピ島 900バーツ ミニバス・船 往復 ¥3,070
パトンビーチ-プーケット空港 ミニバス 片道 ¥200
ドンムアン空港-ルアンパバーン空港 5777バーツ 飛行機 往復 ¥19,700
ルアンパバーン空港-ホテル ミニバス 片道 ¥850
ドンムアン空港-市内バス 60バーツ 電車 往復 ¥200
バンコクラビットカード 200バーツ 電車 片道 ¥670
ワットパクナムへのタクシー 120バーツ タクシー 往復 ¥410
バンコクラビットカード 200バーツ 電車 片道 ¥670
ドンムアン空港-ヤンゴン空港 飛行機 片道 ¥6,700
ヤンゴン空港-ホテル 5000チャット タクシー 片道 ¥400
ホテル-ヤンゴン空港 10000チャット タクシー 片道 ¥800
ヤンゴン空港-バガン空港 飛行機 片道 ¥10,200
バガン-マンダレー9000チャット バス 片道 ¥730
合計 ¥97,822

宿泊費

宿泊数 場所 ホテル名 料金
5 上海 上海 ブルー マウンテン バンド ユース ホステル ¥8,396
5 バンコク サイアム プラグ イン ザ ギャラリー ホステル ¥6,140
7 プーケット Frog House Bed & Breakfast ¥10,000
3 ピピ島 ピピバケットホテル ¥3,830
7 ルアンパバーン chill Riversaide Hostel ¥4,880
2 バンコク ドリームキャッチャー ¥1,750
3 ヤンゴン Backpacker Bed & Breakfast ¥2,600
2 ヤンゴン Backpacker Bed & Breakfast ¥1,640
3 バガン Shwe Na Di Guest House ¥5,156
1 バガン Shwe Na Di Guest House ¥1,400
3 マンダレー Downtown @ Mandalay ¥2,715
合計 ¥48,507

飲食費(2018年3月〜4月)

場所 品名 料金
上海 点心 饅頭 ¥67
上海 夕食 麺 ¥370
上海 ¥60
上海 バナナ ¥160
上海 朝食 小籠包のスープ ¥250
上海 朝食 ピーマンチャーハンと春巻き ¥385
上海 デザート タピオカティー ¥160
上海 朝食 レバーチャーハンと小籠包 ¥430
上海 夕食 麻婆豆腐飯と春巻き ¥430
上海 デザート タピオカティー ¥200
上海 スィーツ ¥300
上海 朝食 小籠包と油麺 ¥400
上海 夕食 小籠包と春雨ヌードル ¥660
上海 スタバ コーヒー ¥870
バンコク 親子丼とココナッツアイス ¥290
バンコク クリスピードーナツ ¥80
バンコク マックフルーリー ¥100
バンコク タイの野菜ヌードル ¥240
バンコク デザート ¥100
バンコク マックフロート ¥100
バンコク 夕飯 ¥530
バンコク 昼飯+ドリンク ¥670
バンコク ¥50
バンコク 昼食 ¥340
バンコク 夕食 ¥600
バンコク マックフロート 30バーツ ¥100
バンコク 夕食+ドリンク ¥500
バンコク 昼食 日本食レストランでたこ焼きと焼きそば ¥670
プーケット アイス+水 ¥100
プーケット バナナ&マンゴークレープ ¥270
プーケット 夕飯(アメリカンな肉フード) ¥530
プーケット ¥50
プーケット 屋台めし ¥170
プーケット ココナッツアイス ¥270
ピピ島 アイス ¥130
ピピ島 ピザ 80バーツ ¥270
ピピ島 水 30バーツ ¥100
ピピ島 バナナ+パン ¥100
ピピ島 ピザ 80バーツ ¥270
ピピ島 朝食 バナナ+パン+ヨーグルト ¥150
ピピ島 ピザ 80バーツ 水 30バーツ お菓子と炭酸水 35バーツ ¥490
ピピ島 パッタイ 150バーツ スムージー90バーツ ¥820
プーケット アイス 15バーツ 水14バーツ ¥100
ピピ島 アイス 40バーツ ¥130
ピピ島 朝食 バナナ+パン+ヨーグルト ¥150
プーケット 夕飯 パッタイ60バーツ ¥200
ピピ島 スムージー90バーツ ¥300
バンコク コーラルランジのビュッフェ ¥0
ルアンパバーン デザート
ココナッツミルク(トッピング5種) 5000キープ
¥65
ルアンパバーン 夕食
野菜スープ・チャーハン 25000キープ
¥320
ルアンパバーン 水ペットボトル 5000キープ ¥65
ルアンパバーン 昼食
ドライフルーツパン 10000キープ
¥130
ルアンパバーン 夕食
屋台の食べ放題 15000キープ
¥190
ルアンパバーン 昼食
シナモンロール 10000キープ
¥130
ルアンパバーン 夕食
屋台の食べ放題 15000キープ
¥190
ルアンパバーン デザート
チョコレートケーキ 15000キープ
¥200
ルアンパバーン 夕食 魚20000キープ ¥260
ルアンパバーン 昼食 チョコレートパン 3000キープ ¥40
ルアンパバーン 水ペットボトルボトル2本 130000キープ ¥170
ルアンパバーン 夕食
焼きそばみたいなの 20000キープ
¥260
ルアンパバーン デザート
ココナッツミルク(トッピング5種) 5000キープ
¥65
ルアンパバーン デザート 鉄板アイス 8000キープ ¥100
ルアンパバーン ラオスビール 13000キープ ¥170
ルアンパバーン 昼食
フライライスwithシーフード 15000キープ
¥200
バンコク デザート アイス18バーツ ¥60
バンコク 夕食 屋台の豚めし 50バーツ ¥170
ルアンパバーン 昼食 チキンライス 15000キープ ¥190
バンコク グリーンカレーセット 80バーツ ¥270
バンコク 飲み会 750バーツ ¥2,570
バンコク ミラクルラウンジのビュッフェ ¥0
バンコク バナナ・パン・水 100バーツ ¥340
ヤンゴン バナナひと束 500チャット ¥40
ヤンゴン ロッテリア
ソフトクリーム 800チャット
¥64
ヤンゴン ロッテリア
チーズバーガーセット 4700チャット
¥380
ヤンゴン 野菜・果物・水 6800チャット ¥560
ヤンゴン 夕食
ホテルのベジタブルカレーとバナナのような春巻き
¥330
ヤンゴン 昼食
お祭りの路上でおごってもらった
ワンプレートとジンジャーティー
¥0
ヤンゴン 夕食
買ってきた野菜の自炊とチキンカレー
¥240
ヤンゴン 朝食
プライオリティパスのビュッフェ
¥0
バガン 夕飯
美味しい野菜たっぷりのチキンヌードル
¥160
バガン 昼飯 カレーのフルセット ¥480
バガン 夕飯 全ておごってもらった宴会 ¥0
バガン コーヒー 500チャット ¥40
バガン 昼飯
ポークと芋のカレー
ウォーターソーダ2本 6500チャット
¥530
バガン 夕飯
ウォーターソーダ(1000チャット)
ヌードル(2500チャット)
春巻き(2000チャット)
チョコバナナパンケーキ(1500チャット)
¥530
バガン 夕飯
ビール(800チャット)
ヌードル(2500チャット)
春巻き(2000チャット)
チョコバナナパンケーキ(1500チャット)
¥510
マンダレー 夕食
ビール(3000チャット)
チャーハン(2000チャット)
野菜とに肉炒め(2500チャット)
¥660
マンダレー 梨とトマト 2000チャット ¥160
マンダレー 夕食
ケンタッキー2ピース+ポテト+ライス
4800チャット
¥390
合計 ¥24,941

観光費(2018年3月〜4月)

場所 サービス名 料金
上海 上海タワー ¥3,000
バンコク タイマッサージ ¥1,000
バンコク タイマッサージ ¥1,340
バンコク アムパワー水上マーケット ¥1,345
バンコク タイマッサージ ¥1,700
バンコク タイマッサージ ¥700
ピピ島 島巡りツアー(マヤベイなど)750バーツ ¥2,600
ピピ島 島巡りツアー(マヤベイの上陸税)400バーツ ¥1,350
ピピ島 島巡りツアー(マヤベイなど)チップ50バーツ ¥170
ピピ島 view point1&2 30バーツ ¥100
ピピ島 view point1&2 30バーツ ¥100
ルアンパバーン Mount Phousi 20000キープ ¥260
ルアンパバーン マウンテンバイクレンタル 500000キープ ¥650
ルアンパバーン waterfall入場料20000キープ(100バーツ) ¥350
ルアンパバーン Mount Phousi 20000キープ ¥350
バンコク タイマッサージ ¥1,700
ルアンパバーン 竹の吊橋 5000キープ ¥70
ヤンゴン ヤンゴン環状線1周 300チャット ¥30
ヤンゴン Botahtaung Pagoda 6000チャット ¥490
ヤンゴン シュエダゴンパゴダ 10000チャット ¥800
バガン 観光フィー 25000チャット ¥2040
バガン ポッパ山ツアー 10000チャット ¥800
バガン Eバイク 8000チャット ¥650
バガン Ananda Temple入場料? 1000チャット ¥80
バガン Eバイク 8000チャット ¥650
バガン バガン展望タワー 6000チャット ¥480
マンダレー マンダレーヒル 入場料 250チャット ¥20
マンダレー 自転車レンタル 1500チャット ¥120
合計 ¥22,945

物品購入費(2018年3月〜4月)

場所 商品名・サービス名 料金
バンコク PLフィルタ ¥4,350
ヤンゴン アンダーアーマーのパンツ ¥240
合計 ¥4,590

世界一周の1ヶ月間の旅(中国+東南アジア)の総費用

交通費:¥97,822 (フライト8回)
宿泊費:¥48,507(ゲストハウス9ヶ所)
食費:¥24,941(外食89回+無料朝食)
観光費:¥22,945
物品購入費:¥4,590
合計費用:198,805円
※集計期間:2018年3月14日〜3/19日
※滞在国:中国・タイ・ラオス・ミャンマー(4カ国)

中国・東南アジアを旅して各国の物価や印象、観光時の支出など

中国・上海

上海の外灘

上海の豫園

上海はとにかくローカル食堂に入れば、自炊する気がおきない程、メシが旨いし安いです。
小籠包も200円代から食べれますし、たぶん海外メシで一番、日本人の口に合うメシが中華だと思います。
公共交通も日本と比較するとまだまだ安く、人気の観光地である豫園も入場料は無料です。
夜は外灘の夜景を見たり、朝も外灘付近をランニングして過ごしました。
上海観光のハイライトはメシと夜景でした。

タイ・バンコク

バンコクの緑のガラスが特徴的なワットパクナム

東南アジア有数の観光地で、世界中のバックパッカーが集まる聖地「カオサン通り」などがある人気スポットです。
自分もこの街で沢山の良い出会いがありました。
さらに、街のインフラが日本並に発達しており、移動はBTS(スカイトレイン)・MRT(地下鉄)が発達しており、タクシーも初乗り35バーツ(120円)程度なので、躊躇なく使えます。
安宿のゲストハウスですらWi-Fiスピードも早く、YouTubeもストレスなく見れますし、Agoda等で評価の高いゲストハウスを選べば南京虫とかいうハズレはないです。
しかも1泊1,000円以下、屋台メシなら50バーツ(170円)くらいなので、本当に滞在費を抑えられます。

バンコクは大都会で比較的治安もよく、日本人が多く住んでいるのも納得です。
知らず知らずのうちに埋没しそうになるほど居心地がいい街です。

タイ・ピピ島

ピピ島のビューポイント2(view point2)

ピピ島・マヤベイ

プーケットから船で2時間で行けるピピ島は、ぜひ訪れてほしい場所です。
僕はここに3泊しましたが、この1ヶ月で訪れた中でベストスポットです。
物価は少し高いです。
実はこんな秘境ですらマクドナルドが港にありました。
僕は滞在都市の物価を見るのにマクドナルドのビックマックセットの価格を調べているので、参考に記載します。
タイ国内でも都市によってこれだけ差があります。

  • ピピ島のビックマックセット:259パーツ
  • プーケットのビックマックセット:225パーツ
  • バンコクのビックマックセット:185パーツ

ラオス・ルアンパバーン

ルアンパバーンの夕日

ニューヨーク・タイムズで世界で訪れたい国ランキング1位に選出されたラオスは観光地として欧米のバックパッカーを中心に注目されています。
ラオス自体まだまだこれからの国なので、物価は中国やタイと比較しても安いです。
ルアンパバーンは特にお金をかけて観光するような場所もないので、リラックス目的に訪れる旅人が多い街です。
モンクの托鉢を早朝に見て、その後はカフェで読書、夕方はメコン川のサンセットを満喫して、ナイトマーケットで食事と買い物などが定番の過ごし方です。
少し遠くにクアンシーの滝があるので、僕はマウンテンバイクを650円で1日レンタルして行きました。

ルアンパバーンは気に入って1週間滞在しました。
本当にゆったりするには良い場所です。

ミャンマー・ヤンゴン

ヤンゴンの環状線の車窓から

ミャンマーの経済都市、ヤンゴンはバンコクとは全く異なる雰囲気です。
インド人も多く、バンコクと比べると雰囲気が変わります。
ヤンゴン環状線は3時間かけて市内を回る市民の足ですが、チケットは30円と激安です。
外国人がシュエダゴンパゴダなどに入場する場合は10,000チャット(800円)もかかったりと、観光地とローカルの価格差が激しいです。

ミャンマー・バガン

バガンのパゴダとEバイク

こちらは日本人にも人気のバガンです。
ピピ島とバガンが、観光地としての面白さはワンツーでした。

バガン自体はそんなに広くないので、毎日Eバイクが8,000チャット(650円)でレンタルできたので、パゴダ巡りや買い物、食事と利用していました。
とにかくEバイクで走っているだけでも楽しい街です。
バガン到着時に25,000チャット(2,040円)の観光フィーを空港等で払う必要がります。

ミャンマー・マンダレー

マンダレーの王宮

ミャンマーの見習い僧侶

ミャンマー第二の都市であるマンダレーはバガンからバスで5時間ほどなので、時間に余裕があれば足を伸ばしても良いです。
どちらかというと、ミャンマーの魅力は現地の人にあると思います。
とにかくおおらかで優しくて、目が会えばニコッと笑ってくれる愛嬌が素敵です。
ここでは、17歳の見習い僧と3時間も雑談しましたが、現地の人との出会いが旅の印象を何倍にも深めてくれます。
そういう意味でも、あたたかいミャンマー人との出会いを求めて訪れると楽しい場所です。

物価は外国人向けのオシャレなカフェで食べたクラブサンドイッチでも500円ほどでした。
日本なら3倍くらいの値段はしそうでした。
この1ヶ月で訪れた4カ国の中ではミャンマーが一番、物価が安く旅できる国という印象です。
そして、人々が暖かく本当に魅力的な国です。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。