世界絶景ツアー5選!サハラ砂漠・パタゴニア・エベレストに一人参加した感想

パタゴニア氷河ミニトレッキング

前回の記事では世界一周中に申し込んで安かった現地のおすすめツアートップ5をご紹介しました。
今回は第二弾として、高額だけど絶対に参加したい世界絶景ツアートップ5をお送りします。

それではいきましょう!

【世界絶景ツアー5位】
メキシコ・チチェンイッツァ遺跡とセノーテツアー

メキシコ・カンクンの青い海
メキシコ・カンクンの青い海

ツアー代金:¥4,950

第5位はメキシコ・カンクンから申し込めるチチェンイッツァ遺跡とセノーテツアーです。
カンクンはエメラルドグリーンのカリブ海が広がるメキシコ有数のリゾート地です。

アメリカからの観光客も多い南国リゾートでありながら、物価も安くて、タコスなどメキシカン料理も楽しめる、個人的にはまた行きたいほど素敵な場所です。

そんなカンクンから日帰りツアー観光できるのがチチェンイッツァ遺跡とセノーテです。

チチェンイッツァ遺跡は世界遺産にも登録されている古代マヤ文明の遺跡です。
マヤ文明と言えば、2012年に人類が滅亡するいうことで一躍有名になりました。

チチェンイッツァ遺跡
チチェンイッツァ遺跡

この遺跡の中で、一番の見どころは「カスティーヨ(ククルカンのピラミッド)」と呼ばれるピラミッドです。
ピラミッドの大きさは55.3メートル四方で、高さ24メートルもあります。
ギザの三大ピラミッドに比べると少し小さいですが、マヤ文明に興味のある方はガイドの説明も含めて楽しめると思います。

セノーテでシュノーケリング
セノーテでシュノーケリング

僕が参加したツアーはチチェンイッツァ遺跡とセットでセノーテに立ち寄れる内容でした。
セノーテとは、石灰岩の岩盤が陥没して地下水が露呈した天然の湖の事です。

透明度の高さから、ダイビングスポットとしても人気です。

大きな陥没した穴には、滝のように雨水が降り注いでいました。

大勢で泳いでいたので平気ですが、一人だとちょっと怖い気もします。

総じて、満足度の高いツアー内容でした。

【世界絶景ツアー4位】
モロッコ・サハラ砂漠&世界遺産・アイト・ベン・ハッドゥ&トドラ渓谷ツアー

サハラ砂漠ツアー
サハラ砂漠ツアー

ツアー代金:¥11,340

第4位はモロッコ・サハラ砂漠ツアーです。

モロッコのマラケシュから難所として知られるアトラス山脈(標高3,000〜4,000m級)を超えて、「アイト・ベン・ハッドゥ」や「トドラ渓谷」を観光して、ハイライトのサハラ砂漠でキャンプをする2泊3日の大満足ツアーです。

僕は一人参加でしたが、バンには合計で10人近く乗り込み、自分以外は全員、西洋人のバックパッカーでした。

何人かと仲良くなって、その後も行動を共にしました。

アイト・ベン・ハッドゥ
アイト・ベン・ハッドゥ

まず最初の目的地である世界遺産、アイト・ベン・ハッドゥに向かいます。
ワルザザートから西に33kmに位置するこの場所はモロッコで一番美しい村とされています。
現在もベルベル人が5〜6人住んでいますが、多くは小さな川を挟んで、対岸の新市街地に他の人達は移り住んでいるそうです。
(ガイド曰く、水など生活する上でのやはり不便ということらしいです)

この周辺は隊商交易の中継地として栄えた歴史があり、当時有力者だったハドゥ一族が築いたのがアイット・ベン・ハドゥの集落です。
盗賊から身を守るため、城砦に匹敵する構造となっています。

その要塞ぶりや周辺の自然環境は、地球外惑星に来たような雰囲気でした。
ここは火星かどこか?映画の世界?という感じです。

実際、この近辺はハリウッド映画のロケ地にも何度も選ばれており、「グラディエーター」「アラビアンナイト」「ハムナプトラ」など多数の映画が撮影されています。

モロッコ・アトラス山脈から見える天の川銀河
モロッコ・アトラス山脈から見える天の川銀河

最初の宿はアトラス山脈の山中にあるロッジでしたが、ここからの星空は人生で最も美し星空でした。
肉眼でも天の川銀河がはっきりと見える光景はまさに宇宙の中にいるようでした。
(もうこの景色だけでも十分というほど感動しました)

翌日は世界一周の定番でもあるサハラ砂漠のラクダツアーに参加してきました。

サハラ砂漠のキャンプベース
サハラ砂漠のキャンプベース

キャンプベースも食事もインドで参加した砂漠ツアーと比較してクオリティが高かったです。
インドの時はトイレはないし、テントもなく砂嵐でも毛布をかぶるくらいしかなかったのですが、ここはトイレも水洗だし、テントというかコテージ風の建物で、しっかりしていました。

砂漠から見える夕日や天の川銀河は本当に感動的でした。
一生、その光景が脳裏に焼き付くほどの絶景でした。

しかし、ツアーで一緒になったイギリス人達とキャンプ場から離れ、ベストロケーションを探して夜のサハラ砂漠を徘徊していたら、帰り道が分からなくなり、もう少しでガチで遭難するところでした…。
結論、夜の砂漠はマジで怖い!!

【世界絶景ツアー3位】
アルゼンチン・パタゴニア氷河トレッキングツアー

ロス・グラシアレス国立公園の氷河
ロス・グラシアレス国立公園の氷河

ツアー代金:¥12,825

第3位はアルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河のトレッキングツアーです。

アルゼンチンのエルカラファテという街からロス・グラシアレス国立公園の氷河にあるペリトモレノ氷河のトレッキングツアーに参加しました。

ここの氷河面積は南極、グリーンランドに次ぐ世界で三番目の大きさを誇ります。
ペリトモレノ氷河はその1つで、氷河の高さは60〜100m、全長は35kmもあります。

ロス・グラシアレス国立公園の氷河
ロス・グラシアレス国立公園の氷河

特筆すべきはこの青の世界です。
太陽光が氷河に入射すると、短波長の青色は氷の中を突き抜けて反射し、このように青く見えます。

氷河の裂け目などは絵の具のように真っ青でした。
この時期は氷河が崩落する瞬間も見れます。
氷河に亀裂が走るとパンッ!と銃声のような音が響き、そして雷ものような崩壊音が轟きます。

ジッと見ていると、「あそこ…もう少して崩れそうだなぁ」というのが、なんとなく分かります。

氷河が崩壊する瞬間は、高層ビルのクレーンが倒壊するようなゆっくりとしたスピードで崩れ落ち、遅れて物凄い轟音が響き渡ります。

それは氷河の数万年にも及ぶ旅路が終えた瞬間。
ただただ感動。

パタゴニア氷河ミニトレッキング
パタゴニア氷河ミニトレッキング

ツアー金額はお高めですが、氷河ミニトレッキングなんかもできて、神秘的な青の世界を味わえました。
本当にパタゴニアならではの絶景ツアーでした。

【世界絶景ツアー2位】
タンザニア・サファリツアー

サファリツアーで見たライオンの群れ
サファリツアーで見たライオンの群れ

ツアー代金:¥68,850

第2位はタンザニア・サファリツアーです。

タンザニアにあるセレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロクレーター、タランギレを3泊4日の日程でまわります。
セレンゲティはヌーの大移動でも有名ですね。

内容としては、TOYOTAのランドクルーザーを6名で貸し切り、夜はキャンプ場でテント泊するというものです。
案内役のドライバー兼ガイドと、キャンプ場で3食提供してくれるシェフが付きます。
料金は4日間で総額600USドル(交渉により多少前後します。グループで値切っても一人560USドルくらい)です。

ンゴロンゴロクレーターに生息するライオン
ンゴロンゴロクレーターに生息するライオン

サファリ自体の感想ですが・・・これは新境地を見ました。
まず自然のスケール感。

ンゴロンゴロクレーター
ンゴロンゴロクレーター

特に火山によってできたンゴロンゴロクレーター。
クレーター内に生きる動物たちは一生、そこで終えるそうです。

本場アフリカのサファリツアーはまさにプライスレス。
一生の思い出になること間違いなしです!

【世界絶景ツアー1位】
ネパール・エベレストトレッキングツアー

エベレストトレッキング〜アマダブラムを望む
エベレストトレッキング〜アマダブラムを望む

ツアー代金:¥90,800

そして第1位はネパール・ヒマラヤのエベレストトレッキングツアーです。
このツアーは間違いなく、世界一周中においてハイライトの一つでした。

トータル13日間の日程でエレベストベースキャンプまでを目指します。

世界一危険な空港「テンジン・ヒラリー空港」
世界一危険な空港「テンジン・ヒラリー空港」

まず、ネパールの首都・カトマンズから世界一危険な空港にも選ばれたテンジン・ヒラリー空港まで飛行機で行きます。

ヘリコプターで移動

しかし、僕が行った時は悪天候で空港には着陸できず、別の空港からヘリで乗り換えて行きました。

エベレスト・トレッキングの街道
エベレスト・トレッキングの街道

登山道に入るとゴールに向けて、ただひたすら毎日何時間も斜面を登り、降りるの繰り返しです。
朝は天気が良いのですが、夕方になると寒くなり、1日で半袖からダウンを着るような気温の変化です。

ヒマラヤ山脈の雪解け水からできた川や滝、谷底300mはあろうかという断崖絶壁の道、雪化粧をした切り立った山々、そして世界最高峰のエレベストと、圧倒的な自然に出会えるのがエレベストトレッキングの魅力です。

今回は、シーズンオフだったので人も少なく、トレッキング街道は本当に静かでした。
ただ、生活のための物流道でもあるので、荷を引く馬や牛、ロバなどの動物が多く渡ってました。
時には50頭近い馬の列に足止めを受けることも・・・。

本当に細かく全て書ききれないのですが、終わってみると、「もう今日は山を登ることも降りることもしなくて良いんだ…」という、解放感と少しの切なさがあります。
もし次回来るなら間違いなくベストシーズンの秋に挑戦したいです!

左:エベレスト(‎標高8,848 m)・右:ローツェ(標高8,516m※世界4位)
左:エベレスト(‎標高8,848 m)・右:ローツェ(標高8,516m※世界4位)

今回のようはオフシーズンは雨も降るし、エレベストが雲に隠れる事も多くて、同じお金と時間と労力をかけるなら、ベストシーズンが間違いないです。
あと気になったのが、トレッカーの1割が60歳前後の白人だった事。

いくつになっても挑戦する姿に、感銘を受けたし、自分も60歳を超えてもエレベストトレッキングができるバイタリティを持ち続けたいと思いました。

ちなみに一人で参加しても大きな荷物を運んでくれるガイド兼ポーターさんが同行してくれるので安心です。

日本語が話せるガイドは高額なので、英語ガイドにしました。
ガイド兼ポーターのゴパールさんには感謝です!

※ツアー代金の90,800円にはネパールとルクアの往復航空券も含まれます。
トレッキング中の食事・宿泊費やガイドやポーターへのチップは含まれません。
といっても1回の食費や1泊の宿泊費は各500円程度と安いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕が1年間の世界一周の旅で参加した世界絶景ツアートップ5をお届けしました。

個人的に値段関係なく、参加して本当に良かったツアーを順位付けするとこんな感じです。

  • 1位:エベレストトレッキング(満足度:99点)
  • 2位:タンザニアサファリ(満足度:95点)
  • 3位:パタゴニア氷河トレッキングツアー(満足度:90点)
  • 4位:サハラ砂漠ツアー(満足度:85点)
  • 5位:メキシコ・チチェンイッツァ遺跡とセノーテツアー(満足度:65点)

というか、上位4つはどれも圧倒的に良くて、それぞれ違った良さがあるので、順位付けるのが難しいです。

値段で見るとエベレストトレッキングは、全ツアー中で最高額ですが、日割りにすると1日、1万円以下なので、そこまで高くありません。
タンザニアのサファリツアーも最初は600ドルという値段に躊躇しましたが、今思うと全く高く感じません。
絶対に値段以上の価値があります。

サハラ砂漠の星空
サハラ砂漠の星空

旅ってお金の使い方としては最高に良い使い方なんじゃないかと思います。
時間の経過に従って旅の思い出は、美しく尊いものなっていきますし、日記や写真をみればいつでも旅していた頃に戻れます。

モノよりコトを求める人は、ぜひ世界一周に旅立ちましょう!
世界一周なら、エベレストトレッキングをして、サハラ砂漠でラクダに乗って、アフリカの大地でサファリをしても、トータル17万円くらいです!
ツアー代金より移動費の方が高くつきますので、まとめて色々なところに一気に行ける世界一周ってコストも面でも魅力的です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください