香港の夜景とマカオの世界遺産を3日間で周ってみた

香港からマカオに日帰り旅行できるか?

結論から言うと香港からマカオには日帰りで余裕でできます。
香港からマカオへの行き方は上環のフェリーターミナルから行きます。

参考:香港駅から徒歩で上環の香港マカオフェリーターミナルまで歩く順路

僕はチケットについては、とくにインターネットでの予約もしないで乗り場で購入しました。
あと、マカオに行く場合、パスポートは持っていってください。

マカオには世界遺産が数多くあり、マカオタワーやカジノも含めてガッチリ遊びたいという人はぜひ1泊以上した方がいいと思います。
僕は香港から日帰りで世界遺産は歩いて周り、帰りの空き時間を利用して少しだけカジノで遊びました。
効率的にマカオを短時間で周るには、まず世界遺産観光⇒空き時間をカジノというのが良いかと思います。

たマカオのフェリー乗り場から市内へのアクセスはバスでも行けますが、ルートが複雑で乗車する人も多く、時間通りに行ける保証はありません。
ここは時間をお金で買うということでタクシーをオススメします。

まずは腹ごしらえということで、伝統的なスィーツ「豆腐花」をはじめて食べてみました。
これは見た目と想像の3倍くらい美味しかったです。
温かく、ミルクティーのような上品な甘さで何杯も食べたくなりました。

帰路の待ち時間を利用してやったカジノ。
即効でお金が吹っ飛んでいきます…笑
個人的にはマカオよりベガスの方がエンターテイメント色が強い感じがしました。

このカオスな雰囲気がいいです。

これまた世界遺産のモンテの砦。
ポルトガルとオランダとのマカオ攻防戦の勝敗はこの大砲が決着をつけたそうです。

これも世界遺産の聖ポール天主堂跡。

タピオカ入りのロイヤルミルクティー

ヨーロッパのような美しい街並みが残る世界遺産のセナド広場。

元々、ポルトガル領だったこともあり、その当時の街並みや建物が非常に多く、世界遺産も30ヶ所くらいあり歩いて何ヶ所も見て回れます。

香港旅行まとめ

はじめての香港でしたが、マカオの方が見どころが沢山あるかもしれません。
あともう1日あれば中国本土の深センにも足を伸ばますね。

香港を経由して他の国に行くとき、もしトランジットで8時間くらい時間があれば、香港観光できそうです。

理由としては香港国際空港から市内へのアクセスが非常に良い事があげられます。
特に空港からエアポート・エクスプレスへの乗り換えは非常にスムーズで便数も多く、初めて香港に来ても乗り降りに迷うことはありません。
これは本当にビックリしました。

夜景やちょっとグルメを楽しむ程度でOKならトランジット観光がオススメです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください