ガーミンのコスパ最強ランニング用スマートウォッチ45sは生活が変わる!

ForeAthlete 45s

ガーミンのランニング用スマートウォッチ「ForeAthlete 45s(以下45s)」を購入して以降、ランニングやヨガ、HIIT、睡眠まで一日中ずっと使っています。
今回はそんな45sの魅力などを書いてみます。

なぜランニング用のスマートウォッチが必要なのか?

もともと僕はランニングやロードバイクのアクティビティログ計測にiPhoneのアプリを使っていました。

  • Runtastic
  • Adidas Running
  • Strava

しかし、iPhoneだとGPSをONにした状態で計測するとiPhoneのバッテリー消費が激しく、例えばロードバイクで1日走るとバッテリーが切れてしまいます。
また、これまでロードバイクの計測はRuntasticのバイクアプリを使っていたのですがサービス停止となりました。
今後は複数のアプリで運用した方が良いなぁと思い、AppleヘルスケアやStravaなどにもデータ共有できる計測専用のスマートウォッチの必要性を感じました。

そして選んだのがガーミンのランニング用スマートウォッチで最小&最軽量モデルである「ForeAthlete 45s」でした。

ガーミンのコスパ最強スマートウォッチの双璧「45s」と「VIVOSMART4」の違いは?

vivosmart4

45sと比較検討したのが同じくガーミンの「VIVOSMART4」でした。
両モデルともガーミンのスマートウォッチの中では双璧となる高コスパモデルです。

「VIVOSMART4」はランニングウォッチというよりはライフログウォッチにカテゴライズされるモデルです。

45sとVIVOSMART4の大きな違いは単体でのGPSデータの受信可否です。
45sは単体でGPSデータを受信ができますが、VIVOSMART4は単体ではGPSデータは受信できません(スマホと接続することで可能)

45sなら日々のちょっとしたランニングに、スマホをいちいちポケットに入れて持ち歩く必要がなく、腕時計だけで計測できてしまうのでとても軽快で気持ちがいいです。

スマホ自体を随時ペアリングさせる必要が無いので、サイクリングやウォーキングなど、ちょっとした運動でもボタンを2〜3回押すだけですぐに計測がスタートできます。

僕は1日1回スマホとペアリングさせて、計測ログを電車の中などでチェックしてます。
45sはとても使い勝手が良いです。

45sとvivosmart 4の機能や仕様の比較表

ForeAthlete 45s vivosmart 4
価格(※) 24,800円 16,420円
タイプ 腕時計型 リストバンド型
ディスプレイ解像度 208×208 128×48
タッチスクリーン
防水 水深50m 水深50m
GPS
機能 心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
重量 32 g 15.9 g

※2020年9月現在の価格.comの最安値

45sのお気に入りポイント5つを挙げみる

ガーミン45s

ここでは僕が特に45sのお気に入りのポイントを5つ挙げてみます!

Apple WatchやG-SHOCKよりも小型軽量で24時間着けてもノンストレス!

Apple Watch、G-SHOCK、ガーミン45sを比較

まず45sの第一印象は軽さでした。

僕が持っている腕時計のそれぞれの重さを比較してみました。
Apple Watch(第一世代)は実測56g、G-SHOCK(GW-M5610-1BJF)は50gである一方、45sは圧倒的に軽い32gです。

Apple Watchの重量:56g(実測)
Apple Watchの重量:56g(実測)
G-SHOCKの重量:50g(実測)
G-SHOCKの重量:50g(実測)
ガーミン45sの重量:32g(実測)
ForeAthlete 45sの重量:32g(実測)

最初に45sを持った印象はApple Watchと比べると、まるで羽のようでした。

僕は就寝時も含めて腕時計を24時間着けるのはApple Watchですら邪魔で無理でしたが、45sはベルトの装着感もソフトで、睡眠中もあまり気にならずに24時間つけっぱなしで過ごせます。

45sはヨガやHIITも計測できる!

45sは活動量計測して目的に応じたエクササイズが計測できます。

  • ランニング
  • バイク(ロードバイクや自転車)
  • 室内バイク
  • 室内エクササイズ(プランクやHIITなど)
  • ヨガ

僕は朝はヨガ(太陽礼拝)を毎日やっています。
別にヨガを計測する必要はないのですが、1週間でどれくらいヨガの練習ができたのか?心拍数はどれくらいだったのか?などアプリで確認できるのは単純に楽しいです。
モチベーションの維持に役立ちます。

あと音楽に合わせてHIITも1週間に2回はやっていますがこれも計測しています。
ランニングやロードバイク以外のあらゆるエクササイズを計測できる45sは今の生活に欠かせないアイテムになっています。

シンプルで真っ白な丸っこく、かわいいデザインがGood!

ForeAthlete 45s
ForeAthlete 45s

45sはゴツいGPSウィッチ感が一切ないのもお気に入りです。
もともとForeAthlete 45sは同一モデルであるForeAthlete 45の女性用モデルとして展開されている小型モデルです。
45sは45に比べてバンドも短めですが、身長182cm(体重76kg)の男の僕でもバンドの穴が残り6つくらいあるほど余裕で装着できます。
厚みも11.4cmしかなく、マット感のある白は見た目も爽やかで夏などの季節にとても映えるカラーだと思います。
白シャツ、黒シャツを着る機会が多い人はコーデが合わせやすいと思います。

スポーツ以外にもオンオフ関係なくどこでも着けられるデザインなのが良いですね。

1回の充電でバッテリーが1週間もつのはやっぱり良い!

専用電源ケーブルのコネクター
45sの専用電源ケーブルのコネクター

Apple Watchを使っている時は毎晩充電する必要がありました。
充電を忘れたら翌日の出勤時には使えなかったりして少しストレスでした。

45sはGPSを使わなければ1回の充電(2時間半ほど)で1週間は継続利用できます。
これは当たり前ですが、とても楽チンです。

下の利用頻度なら1週間は普通にもちます。

  • ランニング:1回3〜4kmを週2〜3回
  • ヨガ:毎日20分
  • HIIT:1回30分を週1〜2回
  • 睡眠:毎日計測

睡眠計測が優秀すぎて生活の質が変わる!

garmin connectでの睡眠計測データ
garmin connectでの睡眠計測データ

あえて最後に書きましたが、もしかすると45sの一番のメリットが睡眠計測が優秀すぎる点です。

iPhoneでも睡眠計測はできますが、ガーミンの場合、より詳細な睡眠計測が可能です。
例えば、レム睡眠とノンレム睡眠(深い/浅いの2レベルで計測)など睡眠の深さも時間軸で計測できます。

一般的な睡眠サイクルとしては、入眠後すぐに最も深い眠りが1時間ほどあり、その後、ノンレム睡眠とレム睡眠が90分サイクルで繰り返します。
よって睡眠時間は6時間、7時間半、9時間になるよう90分サイクルで意識すると良いです。

僕は毎晩、睡眠計測をして、どうすれば計測される睡眠グラフが理想的な睡眠サイクルにできるか?試行錯誤しています。

例えば前日の夜に遅くまでパソコンやスマートフォンを操作していると、深い睡眠が短かったり、睡眠の途中で起きてしまったりグラフが乱れます。
いかに綺麗なグラフになるかゲーム感覚で睡眠改善できます。

一般的に言われているように睡眠前はパソコンやスマホから離れて、軽く瞑想をすると、睡眠の質が上がるのが計測して分かりました。

45sを着けることで、自分の生活習慣を客観的にデータ化できるので、ちょっとした日々の改善で生活の質(仕事のパフォーマンスなども)をあげることができます。

ForeAthlete 45sの光学式心拍センサー
ForeAthlete 45sの光学式心拍センサー

実際に45sでランニングしてGarmin Connectで計測してみた

実際に45sをつけてランニングした計測データを公開します!
現在、僕は腸脛靭帯炎の不安を抱えているため、リハビリをしながらのランニングになりますので、ペースやケイデンス(回転数)など大目に見てください笑

garmin connectでのランニング計測データ
Garmin Connectでのランニング計測データ

計測結果はGarmin Connect(ガーミン・コネクト)というアプリ(iOS/Android/PCブラウザ)を通じてログ確認できます。

上の画面が実際に僕が計測したランニングアクティビティの計測画面になります。
ペースや距離、時間など基本的なデータはもちろん、走ったルートもGoogle マップで表示されます。
ちょっと面白いのが画面上のスタートボタンを押すと走ったルート順を再生してくれます。

garmin connectでのランニング計測データ(ケイデンスなど)
Garmin Connectの獲得標高やケイデンス表示

またランニング時の上昇下降距離の他、ケイデンス(脚の回転数)も計測できます。
理想ケイデンスは180spmとか諸説ありますが、リハビリ中のため無理ない程度に抑えています。
逆に腸脛靭帯炎が回復してきたらケイデンスを上げてみようと思います。

自分の走りや状態を数値として見ながら少しずつ改善できるので、腸脛靭帯炎のリハビリにも役立ちそうです。

ストレスレベルやボディバッテリーで健康管理にも役立つ

45sに限った機能ではありませんが、ガーミンのスマートウォッチの面白い機能として「ストレスレベル」や「ボディバッテリー」が見れます。

garmin connectのボディバッテリー
garmin connectのボディバッテリー

ガーミンのストレスモニタリング機能は、心拍変動(HRV)を使用して身体のストレスレベルを推定します。
ストレスレベルは0〜100で表示され、0〜25は低いストレスレベル、26-50は中程度のストレスレベル、51-75は高いストレスレベル、76-100は非常に高いストレスレベルで見れます。

https://www.garmin.co.jp/event/2020/immunity/

どれくらい自分がストレスを受けているのか?数値で把握することで、ストレスコントロールがしやすいです。

それと同時にボディバッテリーも計測できます。
ロールプレイングゲームのHP(ヒットポイント)に該当するようなもので、MAX値を100として、活動するごとに減り、睡眠などしっかり休むことで回復します。

実際、ボディバッテリーが10くらいまで減った時がありました、その時は全身疲労感でいっぱいですぐにでも横になりたいと思っていたので、自分の疲労感が数字とリンクしているのは面白いなぁと思います。

garmin45sの装着イメージ

ガーミンのスマートウォッチはランニング好きな方だけに留まらない、とてもおすすめできるガジェットです!
迷われる方はぜひ生活に役立ててみてください!

[おまけ]Garmin ForeAthlete 45sギャラリー

ガーミン45sのパッケージ
ガーミン45sの表面パッケージ
ガーミン45sのパッケージ
ガーミン45sの裏面パッケージ
ガーミン45sの内容物一式
ガーミン45sの内容物一式
ForeAthlete 45sのボタン
ForeAthlete 45sのボタン
Apple Watch、G-SHOCK、ガーミン45sを比較
Apple Watch、G-SHOCK、ガーミン45sの大きさ比較

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください