1年間の世界一周の全荷物!ロストバゲージ後に買い直した本当に必要な物


OSPREY(オスプレー)コメット30とトレッキングポール

僕は2018年2月から1ヶ月間の国内旅行後に、2019年3月まで1年間の世界一周の旅に出ました。

旅に出てから10ヶ月後、南米(ブラジル)で65リットルのメインバッグがロストバゲージになりました。
ロストバゲージとは空港に預けた荷物が紛失した事です。
僕はパソコン、カメラ、パスポート、クレカ、現金以外の全ての荷物を一瞬で失いました。

結局、メインバッグは日本帰国後に航空会社が自宅まで届けてくれましたが、1ヶ月半近く旅が残っていたので、南米のパタゴニアで必要最小限の荷物を買い直しました。

パタゴニアは日本の冬のように寒かったですが、実は衣類も含めてそれほど多く持ち歩く必要はない事に気が付きました。
これから長期間の世界一周旅行者や短期間の海外旅行者に向けて、「絶対知ってほしい本当に必要な荷物」を自分なりの失敗談からお伝えしたいと思います。

いざ世界一周へ!日本から出発する時にチョイスした全荷物

バックパック

メインバッグとサブバッグ(オスプレイ)

  • メインバッグ:OSPREY(オスプレー)アトモス50 ※50リットル
  • サブバッグ:OSPREY(オスプレー)コメット30 ※30リットル

必須の持ち物

  • パスポート
  • クレジットカード(JALカード・ANAカード・楽天プレミアムカード)
  • マネーパスポート
  • 長期海外旅行保険証書(東京海上日動火災)
  • PADIダイビングライセンスカード
  • 各国の紙幣(手元にある分)
  • 日本円10万円

ガジェット

Macbook proとカメラなど

  • iPhone 7
  • MacBookPro13インチ2017late
  • Kindle paper white
  • Gショック時計(電波/ソーラー/海外都市対応)
  • 各種USB電源ケーブル
  • タコ足配線型延長ケーブル(1m)
  • 海外電源ソケット
  • USBC変換アダプタ
  • USBメモリ
  • SDカード×4枚&マイクロSDカード×2枚
  • ポータブルHDD×2個

カメラ

カメラなどの小物類

  • SONY α6500
  • SEL18-135mm F3.5-5.6
  • SEL10-18mm F4
  • SIGMA 60mm F2.8 DN
  • GoPro
  • GoPro用の自転車に取り付けるアタッチメント
  • RICOH GR2
  • RICOH THETA S

その他

  • プライオリティパスカード
  • 名刺(20枚ほど)
  • 体温計
  • ワイヤー
  • 南京錠
  • マスク(洗って繰り返し使用できるタイプ)
  • 耳かき
  • 封筒(各国紙幣を分別する用)
  • 輪ゴム
  • スプーン
  • フォーク
  • お椀
  • マグカップ
  • ピンセット
  • 万能ナイフ
  • トイレットペーパー
  • 洗濯バサミ4つ
  • ハンガー1つ
  • 水泳用ゴーグル(シュノーケリングなどで使用)
  • 圧縮袋(イスカ/ISUKAのウルトラライト・コンプレッションバッグ)

衣類

衣類や肩がけバッグなど

  • 下着×3
  • 靴下×3
  • Tシャツ×3(白・黒・グレー)※1枚はユニクロのドライTシャツ
  • 長袖シャツ×1
  • パーカー×1
  • ジーンズ
  • スウェットパンツ×1(部屋着)
  • ショーツ×1(常に履くので、着心地がよく丈夫なpatagoniaのバギーズ・ショーツがおすすめ)
  • レギンス×1
  • ストール×1
  • フリース×1
  • ウィンドブレーカー×1
  • マウンテンパーカー×1(トレッキング用の薄くて丈夫な物)

日用品

薬や貴重品

  • 歯ブラシ
  • フロス
  • 歯間ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 石鹸(髪も体もこれ一つで洗う)

1年間の世界一周の旅へ出発時と帰国時の全荷物比較

世界一周の全荷物(整理後)

上の写真は1年間の世界一周出発時の荷物

↓ ↓ ↓

それから旅に出て1年・・・

↓ ↓ ↓

世界一周から帰国時の全ガジェット(パソコン・カメラなど)

世界一周から帰国時の全衣類

上の写真が帰国時に持って来た全ての荷物になります。
※歯ブラシなど日用品はポーチに入っています。

1年前の出発の時と比べると大分、荷物の量が減っている事が分かります。
1年間で必要な物不要な物を断捨離した結果です。

ロストバゲージで衣類など大半の荷物を失い、新たに必要最低限な物だけを買い直しました。
その買い直した服などを含めた全ての荷物が上の写真です。
パタゴニアは時期的に夏でしたが、それでも朝夜は日によって10度にも満たない寒い日が続いたので、ジャケットなど冬用の服装も必要なのでオールシーズン対応の荷物になります。

ロストバゲージ後に買い直し!旅する上で本当に必要な荷物

現地(パタゴニア)でロストバゲージ後にどんな荷物を買い直したか?
パスポートや貴重品以外の衣類・日用品で必要なも(※1)のはこれくらいに絞られます。

衣類

  • 下着×3
  • 靴下×3
  • Tシャツ×3
  • パーカー×1
  • スウェットパンツ×1
  • ウルトラライトダウン×1

日用品

  • 歯ブラシ
  • フロス
  • 歯間ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 日焼け止め
  • 石鹸(髪も体もこれ一つで洗う)

自炊用の調味料

  • オリーブオイル
  • バッグ(30リットル)
  • パスポート
  • スマホ
  • クレジットカード
  • 少額の現金と財布
  • 生活必需品

旅に必要な最小限の荷物は、極論言うと以下のアイテムになります。

(※1)ロストバゲージ時に着ていたジーンズ、薄手のパーカー、下着などは上記リストには含まれません。

これだけは断捨離できなかった追加購入した物たち

追加購入した中でも歯磨き関連のグッズは歯間ブラシからフロスまでフルラインナップです。

歯のお手入れは旅人にとって超重要事項です。
理由は基本的に虫歯は特約をつけないと保険が適用されないのと、現地での治療が困難だからです。
現地で虫歯治療になった場合、スケジュールの見直しや高額な治療費で予算が圧迫されることは必至です。

自炊用に持ち運んでいたオリーブオイルも紛失したので、これも追加購入しました。
オリーブオイルさえあれば、焼いたり、スープや生野菜にかけたりと食事に重宝します。

[あとがき]ロストバゲージ後に買い直す生活必需品は保険が適用される!

ウルトラライトダウン(収納時)

ロストバゲージした場合、生活必需品の購入費用として最大10万円(東京海上日動の長期海外旅行保険)まで携行品損害保険とは別に保険が受けられます。

僕がロストバゲージしたパタゴニアは、アウトドアショップが充実していました。
ウルトラライトダウンも売っていたのですが、ハイブランドの物しかなく、どれも3万円以上でした。
高額で買うのを躊躇しましたが、帰国後に手続きをしたら、難なく保険金がおりました。

1年間で20万円という高額な保険でしたが、結果的に携行品損害保険などで半分以上は保険金として戻ってきました。
長期海外旅行にいかれる場合は必ず保険に入っておくことをおすすめします!

海外保険期間が6ヶ月を超える場合、東京海上日動の公式サイトからは申込みできません。
代理店や営業所経由での申込みが必須になります。

僕は「株式会社アイエヌシー」経由で申し込みました。
料金表なども見やすいので、興味がある方はどうぞ。

東京海上日動の長期海外旅行保険(e海外旅行保険):
https://www.aienu.com/midlng/index_tk.htm


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください