一人暮らしにおすすめスピーカー!ダリSPEKTOR1とフォステクスAP20dレビュー


DALI SPEKTOR1とFOSTEX AP20d
DALI SPEKTOR1とFOSTEX AP20d

賃貸マンションでもいい音のある暮らしがしたくて、この度オーディオシステムを新調しました。
これまではBluetoothスピーカー(Anker Soundcore 2)を使用していましたが、コスパは良くてもピュアオーディオ的なステレオ音を出すのは難しい状況でした。

だからと言って大型のスピーカーやアンプでは引越し時に荷物になるので、なるべく小型で性能の良いシステムぎ欲しかったです。
「ミニマルでもピュアオーディオ的な音楽を…」
そんなBluetoothスピーカーからワンランク上のオーディオシステム選びの参考にしていただけたら幸いです。

今回のシステム構成のテーマは…

  • ミニマル&シンプルなデザイン
  • 隣人に迷惑をかけない小音量でも高品質かつステレオ感のある音
  • 一人暮らしなので、自分専用のニアフィールドリスニング
  • システム全体で5万円以内

隣人に迷惑にならない程度の小音量でも満足できるオーディオ環境を作るのが今回の目的です。
オーディオにつなぐ再生デバイスはMacとiPhoneです。
どんなデバイスでも音楽が高音質かつシームレスに聞けることも重視しました。

では、一人暮らしにおすすめできるデスクトップPCオーディオの紹介とレビューをしていきます。

今回導入したシステム構成

僕のデスクトップPCオーディオ環境
僕のデスクトップPCオーディオ環境
  • スピーカー:DALI SPEKTOR1(ダリ スペクター1)
  • アンプ:FOSTEX(フォステクス)AP20d
  • USB-DAC:FOSTEX(フォステクス)PC100USB-HR2(※)
  • Bluetoothトランスミッター&レシーバー:TaoTronics TT-BA09

(※)事前に手元にあったものを流用

オーディオシステムの全体像と各機器の接続イメージ
オーディオシステムの全体像と各機器の接続イメージ

各デバイスの接続図です。
スマホはBluetoothトランスミッター&レシーバーでアンプ&スピーカーを接続し、
PC(Mac Book Pro)はUSB-DACを通じて接続しています。

音源はApple純正の「ミュージック」アプリとYouTubeです。
※Appleミュージック月額980円を契約

DALI SPEKTOR1(ダリスペクター1)のレビュー

DALI SPEKTOR1
DALI SPEKTOR1

実は今回、ホワイト色の小型スピーカーを狙っていました。
僕はなるべく家具や小物、デジタルデバイスはホワイト色を中心に選んでいます。
壁の色は大抵が白なので、家電や家具も白だと部屋に溶け込み、存在感や威圧感を感じさせません。
逆に黒は、コントラストが強くなり部屋が重く暗い雰囲気になるので、なるべく明るい色を多めにしてます。

シンプルさを表現するにも、色の選定は重要です。

机の上においても、スピーカーの存在感も感じさせず、とても爽やかな印象です。

ちなみにスピーカーの比較にあたって視聴したのが・・・

  • DALI SPEKTOR1(ペア:22,000円)
  • ヤマハ NS-BP401(ペア:25,000円)
  • B&W 607(ペア:70,000円)

B&Wだけ価格帯が違いますが、ホワイト色モデルがあり、B&Wは昔から一度、オーナーになりたかったブランドだったので、今回検討してみました。

まずヤマハですが、こちらも驚くほど高コストパフォーマンスなスピーカーを昔から出してるメーカーです。
NS-BP401も繊細な高音域が魅力でしたが、どうしても低音域が弱かったので、購入を見送りました。

あと、ピアノブラック以外に選択できる色が欲しいところです。

B&Wは予算が許せば、こちらが良かったのですが、やはり7万円という値段と、サイズが少し大きかったのと、音質なら上位モデルの606が好みだったので、今回はパスしました。
いつかは所有したいブランドでもありますが、607はしっかりとした環境でセッティングし、アンプもミドルクラスのものに繋いでこそ、真価が発揮できるモデルと感じました。

DALI SPEKTOR1は消去法で残ったわけではなく、クラシックからJAZZ、ロックまでとても気持ちよく鳴らすことができるスピーカーでした。

DALI独自のウッド・ファイバー・コーンのおかげで良好な低域特性が魅力です。

鳴らした感想は、今まで使っていたモノラルのBluetoothスピーカーとは次元の全く違うHi-Fiステレオサウンドに、「あぁコレコレ!このピュアなサウンドが聞きたかったんだよ」と心でガッツポーズしました笑

このクラスでスピーカーを選ぶ場合、サイズ感、値頃感含めておすすめできます。

DALI SPEKTOR1のここが最高!

  • ペア2万円で高中低音のバランスの良いピュアオーディオ的なリアルな音が楽しめる。
  • コンパクトで机の上における(まさにブックシェルフスピーカー)
  • 温かみのある音でJAZZもクラシックもどっちも相性がいい。

DALI SPEKTOR1のここがイマイチ!

  • スピーカーの箱自体の繋ぎ目に若干の甘さがある(価格的にしょうがない)
  • 小音量がめちゃくちゃ得意なスピーカーでもない(中音量くらい鳴らせる環境がほしい)
SPEKTOR1W(ホワイト) ブックシェルフスピーカー 2台1組
  • DALI(ダリ)
  • 価格   ¥ 21,614 prime
  • 販売者 オーディオ逸品館
Amazonで今すぐチェック

DALI SPEKTOR1の特徴(※メーカー説明抜粋)

SPEKTORのツィーターは、超軽量のシルク繊維をベースにしたシルク・ドーム・ツィーターです。
質量は0.056mg/mm2、現在あるほとんどのソフト・ドーム・ツィーターと比較して、半分以下の質量となっています。
またシルク・ドーム・ツィーターの素晴らしさは、高音域の最も低い部分、ミッドレンジに近い部分を美しく再生する能力にあります。

低域を担当するウッド・ファイバー・コーンは、ウーハーの振動板として最適な軽さと強度を持ち、、ランダムな木繊維によって、コーン自体からの不要な共振を最小限に抑え、良好な低域特性を実現しています。

DALI SPEKTOR1の主な仕様

  • 構成:2way
  • 入力感度(2.83V@1m):83.0dB
  • インピーダンス:6Ω
  • ツイーター:21mmソフトドーム
  • ウーハー:115mm
  • エンクロージャータイプ:バスレフ型
  • 1本あたりの外形寸法(H×W×D):237mm×140mm×195mm
  • 1本あたりの質量:2.6kg

アンプ:FOSTEX(フォステクス)AP20dのレビュー

FOSTEX AP20d
FOSTEX AP20d

アンプ自体、Bluetooth機能を備えている中華メーカーの格安機種もありますが、僕はFOSTEXのAP20dを中核に備えました。
AP20dはD級の20W+20Wアンプになります。
ハイレゾにも対応しており、筐体のコンパクトさとスピーカーのドライブ力、音の質感が抜群のバランスです。
各種入出力端子もPCオーディオを楽しむ分には必要十分です。

DALI SPEKTOR1も当然余裕で鳴らしています。

ツマミの質感や操作性もしっかりしていて、手元で簡単に音量調整できる点は快適です。
また、省エネ設計なので、長時間使用していても、熱などの悩みも一切ありません。
まさにBGMを鳴らすアンプとしても、うってつけだと思います。

FOSTEX AP20dのここが最高!

FOSTEX AP20dの付属品
FOSTEX AP20dの付属品
  • 付属品ケーブル完備で届いたその日から再生できる。
  • このコンパクトさでも、DALI SPEKTOR1をドライブできるパワフルさ。
  • エントリーのプリメインアンプがいらなくなるほど、しっかりした音が出る。
  • D級20W+20Wアンプで発熱のない省エネ設計かつ、温かくも明瞭感のある音。

FOSTEX AP20dのここがイマイチ!

FOSTEX AP20dの配線周り
FOSTEX AP20dの配線周り
  • スピーカー端子の穴が小さく、太いスピーカーケーブルは接続不可。
    (上の画像はスピーカーケーブルが入り切らない状態…)

FOSTEX AP20dの特徴(※メーカー説明抜粋)

デジタルアンプを搭載したコンパクトなハイレゾ対応パワーアンプです。
電源回路や各種パーツが前機種より見直され、ハイレゾに対応するとともに音質を大幅に向上されています。
出力も20W+20W(4Ω)になり、ハイレゾ対応パッシブスピーカーなどと接続することで、手軽にハイレゾシステムを構築できます。

FOSTEX AP20dの仕様

  • 最大出力:20W+20W(負荷4Ω)、12W+12W(負荷8Ω)
  • 適合スピーカーインピーダンス:4Ω〜8Ω
  • S/N比:100dB以上
  • INPUT端子:ステレオ・ミニジャック、RCA/入力感度:1V
  • 消費電力:60W(最大)、1W以下(スタンバイ時)
  • 外形寸法:108mm(W)×42mm(H)×138mm(D)※最大突起物含む
  • 本体質量:520g
  • 付属品:ACアダプター×1ヶ、スピーカーケーブル(1.5m)×2ヶ、ステレオミニケーブル(0.8m)×1ヶ、ステレオRCAケーブル(1.5m)×1

USB-DAC:FOSTEX(フォステクス)PC100USB-HR2のレビュー

FOSTEX PC100USB-HR2
FOSTEX PC100USB-HR2

PCとアンプをUSBで接続するための外付けDACになります。
アンプと同じFOSTEXなので相性は抜群です。

詳しいレビューは前回の記事からどうぞ!

Bluetoothトランスミッター&レシーバー:TaoTronics TT-BA09のレビュー

スマホとアンプをBluetoothで無線接続するために購入したのが「TT-BA09」です。
Amazonで購入できる中華メーカーのよくわからない商品でしたが、今ままで一度もトラブルなく接続できています。

Bluetooth接続時の音質はイマイチですが、コイツの真骨頂は光デジタルケーブルで接続した時です。
初めてヤマハのAVアンプにもつなげて、7.1chサラウンドで音楽を流してみた時の再生音は感動モノでした。
光デジタルケーブルで接続すると音質が大化けします。

TaoTronics TT-BA09のここが最高!

  • 古いコンポなんかでも、スマホとBluetooth接続ができて、システムが蘇る。
  • ペアリングが早い、接続が安定している。・バッテリー駆動でAC電源が不要。10時間くらいは視聴できる。

TaoTronics TT-BA09のここがイマイチ!

  • ステレオ・ミニジャックでアンプと接続したときの音はイマイチ。
  • PC100USB-HR2を介してPCとアンプをつないだ方が音が数段、音が良いので光ケーブル接続しない場合、コイツが不要になるかも…。

TaoTronics TT-BA09の特徴(※メーカー説明抜粋)

テレビなどに接続し、Bluetoothヘッドホンで鑑賞。
有線スピーカーなどに接続し、スマホなどの音楽を無線で楽しめます。
最新のBluetooth 5.0チップを採用し、消費電力を低減する上に転送速度が旧バージョンより一層早くなり、aptXとaptX-LLコーデックで卓越したオーディオ、低レイテンシーを実現し、映画を見る時、音声の遅延などは感じず楽しむことができます。
対応コーデック:TX:aptX LL、aptX、sbc、RX:sbc

なぜBluetoothスピーカー全盛の時代にあえてHI-FIオーディオなのか?

一人暮らしにおすすめスピーカーとアンプとしてDALIのSPEKTOR1とFOSTEXのAP20dを中心としたPCオーディオシステムのレビューをお届けしました。

いかがでしたでしょうか?

昨今、音楽を再生する装置としてスマホやBluetoothスピーカーが主流ですが、やはり音楽はHI-FIオーディオで楽しみたいものです。

HI-FIオーディオは音の広がり深みが違います。

トレンドの入れ替わりが激しい現代社会において、情報やモノ、音楽でさえも、どんどん短期間サイクルで消費されています。

自分のお気に入りの音楽を、こだわりのオーディオシステムで聴くことで、心にゆとりや豊かさを感じることができます。

今回、紹介したシステムはDALIやB&W、ELACといったヨーロッパ勢のハイコストパフォーマンススピーカーと小型のデジタルアンプの組み合わせです。

お気に入りの音楽とオーディオシステムで一日の疲れを癒してみてはいかがですか?


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください