白米を食べない1週間本気ダイエットメニューでお腹の脂肪を落とす!

本気ダイエット!白米を食べない

僕は体重が100kgになる直前で本気のダイエットを決意して、それから試行錯誤で100kg→75kg→59kg→75kgまで減らしました。(身長182cmなので現在の75kgは適正体重です)

特にダイエットで悩まれている部位はお腹でこんな感じでしょうか?

  • ポッコリお腹
  • 横っ腹の浮き輪
  • 下っ腹の贅肉

今、パーソナルジムにも行ってプロのトレーナーからも食事指導を受けていますが、お腹の脂肪は運動だけではなかなか取れないそうです。

僕も多少、お腹に脂肪があるので、そららを削ぎ落として綺麗なシックスパックを目指しており、プロからどうしたらお腹の脂肪が削ぎ落とせるか聞いてみました。

その答えは白米にありました。

もしあなたが白米を1日1食以上、日常的に食べているなら、まずは今日からの1週間だけで良いので、下で紹介する 2つのダイエットメニューを実践してみてはいかがでしょうか?

僕はこのダイエットメニューを実践してからお腹の脂肪がみるみる削ぎ落ちてきました!

1週間だけ本気だしてみる!超シンプルな2つのダイエットメニュー

  1. 1週間だけ白米は1口も食べない
  2. 1週間だけ甘いドリンク、甘いお菓子は一切口にしない

どうでしょうか?簡単そうですか?

もし本気でダイエットしたい!と思ったなら、1週間という期間限定ならできるはずです!
そして1週間やってみれば分かりますが、確実にお腹周りのポッコリが改善します。

結果が少しでも出れば次につながります。
ではなぜ、白米を断つ事でダイエット効果があるのか?
次の項目から解説します。

主食=白米という固定概念を捨てる

英医学誌「ランセット」が発表した情報によると、スペインが2040年までに長寿国世界一になる見通しだそうです。

スペイン人の主食は「パン」です。

パン

僕もスペインのバルセロナ、マドリードを旅したことがありますが、パンの上に魚介類を乗せてワインと一緒に食事を楽しんでいる現地の人たちを沢山みました。

スペイン料理(タパス)

オリーブオイルやトマトなどに代表される地中海料理は今とても注目されています。
パエリアなどの料理もありますが、スペイン人は日常的に白米を主食とはしていません。

日本人は白米を子供の頃から食べて当たり前すぎる主食となっていますが、死ぬまで白米を主食として食べ続ける必要はありません。

プロのダイエットトレーナーから聞いた話では、やはりお腹の脂肪を削ぎ落としたかったら、白米は避けるべきだと教えてもらいました。
ただここでは「炭水化物抜きダイエット」を勧めている訳ではありません。
精製された白い炭水化物は避けて、できるだけ加工されていない茶色の炭水化物を食べましょうということです。

主食を変えただけで75kg→59kgに減量

例えば白米の代わりに玄米やオートミールなどです。

僕も1年間、世界一周をしていた時、主食として白米はほとんど食べず、その代わりにパスタやオートミール、全粒粉パンなどを沢山食べていました。

オートミール

特に気に入って食べていたのがオートミールです。
水を加えて混ぜレンジで1分もチンすれば白米を炊いたようなモチモチ食感になり、ご飯の代わりになります。
オートミールはタンパク質も豊富で白米に比べると糖質も少ないのでダイエット中の人は特におすすめです。

比率でいうと…

  • パスタ:4
  • 全粒粉パン:3
  • オートミール:3
  • 白米:0.1以下

その結果、体重は75kg→59kgまで落ちました。(食事量は周囲の人と比べてもかなり多かったです)
お腹周りの余計な脂肪など見た目上は無いに等しく、自分ででも気持ち悪いほどお腹がペッチャンコでした。

↓オートミールのダイエット効果はこちらの記事でも読めます。

ストイックに鍛えているGACKTさんも好きな白米を何年も一切口にしないというのは有名な話です。

なぜGACKTさんは好きな白米を食べないのでしょうか?
それは白米を食べることで体型などにマイナスな影響を及ぼすと認識しているからでしょう。

逆にお相撲さんは白米を沢山食べています。
目指したいスタイルの人質が日常的に何を食べているのか?それを知るだけでも価値はあります。

太りやすい理由はGI値にあり

白米は高GI値食品の代表でもあります。

GI値の高い食品は急激に血糖値を上げて、脂肪をため込みやすい作用をもたらします。

脂肪にため込むだけではなく、血糖値の急上昇により眠気に襲われたり色々と体に影響があります。

各炭水化物のGI値を参考に記しました。

  • 白米:95
  • 食パン:95
  • クロワッサン:70
  • パスタ:65
  • オートミール:55
  • 玄米:55
  • 全粒粉パン:50
  • 全粒粉パスタ:50

こう見ると白色の精製されている炭水化物は太りやすい高GI値食品で、茶色ほど低GI値食品だというのが分かります。

ルール2に「1週間だけ甘いドリンク、甘いお菓子は一切口にしない」を入れたのも、甘いドリンクなど液状のものは吸収が早く、血糖値を急激に高めます。

フルーツジュース

健康そうな100%フルーツジュースも意外と糖質は多く含まれいるので、チートデー以外は控えたほうが無難です。

甘いお菓子も同様で砂糖と脂質が多く含まれています。
ドーナッツやアイスクリームは基本的にこの世に存在しないものとして、その存在自体を忘れた方が良いかもしれません。

僕は見ると食べたくなるので、なるべくコンビニやスーパーのお菓子コーナー、アイス売り場には立ち寄らないようにしています笑

この章のまとめ

血糖値を急激に上げない低GI値食品を主食に切り替えるだけでもダイエット効果が望めます。

もっと本気ダイエットしたい人はオートファジーも実践してみる

少し前にオートファジー(自食作用)が話題になりました。

16時間の断食をすることで脂肪が燃やされるし、オートファジー効果で体内の古くなった細胞が生まれ変わることで、病気や老化も遠ざけてくれる。

引用元:https://oceans.tokyo.jp/health/2021-0302-3/

朝食とランチの時間、夕食前にナッツなどの間食をすることで、割と無理なく夕食をスキップできます。

夕食がスキップできれば、16時間の断食も不可能ではありません。

  • 朝食:7時
  • ランチ:13時
  • 間食:15時(※これ以降、翌日の朝まで食べない)
  • 就寝:22〜23時
  • 起床:5〜6時

僕はどうしても家に帰ってくると何か食べたくなるので、帰宅後すぐに手洗いうがいと同時に歯磨きまでします。

歯磨きをすることで、食事を強制的にシャットアウトできます。
さらにシャワーもすぐ浴びて、読書とストレッチしたらすぐに寝るくらいのイメージで過ごすと早寝早起きができます。

夜の時間は全て捨てて、朝にその分の時間を全てシフトさせる感じです。
夜やりたいことを全て朝にスライドした方が集中力も高まって捗ります。

1週間で効果を実感したら夕食を簡素化にして3食に戻す

もし1週間やってみて、少しでも効果を感じたらダイエット成功に一歩大きく近付きました。

西洋のことわざに「朝は王様のように、昼は貴族のように、夜は貧者のように食べよ」という教えがあります。

僕はこの言葉は本当にダイエットの金言だと思っています。

数多くのテレビ、新聞で紹介された奥村正子さんは72歳からベンチプレスを初めて、世界大会で通算5つの金メダルを獲得しているレジェンドです。
その方もこの金言を実行されているそうです。

朝から山盛りの食事をよく噛んでじっくり味わいます。
忙しい朝こそ手を抜かずに一日分のエネルギーをチャージするくらいの気持ちで沢山食べることが健康の秘訣なのかもしれません。
逆に夜は貧者のようにタンパク質を中心とした食事を簡単にとって終わりです。

夕食を簡素化することは体への負担軽減だけではなく、余暇時間も沢山できます。
いつも時間が無くて早く眠れない人は、一度、夕食を超簡素化して時間がどれくらい生まれるか実験してみてください。

[おわり]毎日ダイエット記録を1行つける

太るには何かしら理由があります。

その理由が何か自分自身、気付いているようで、実は気付いていない場合もあります。

そこで、簡単なダイエット記録を1日に1行でも良いので付けてみるのも効果的です。

  • 「今日は夜に飲み会があって食べてしまった」
  • 「白米を3日連続断ったら、お腹周りの脂肪が少し取れた気がする」
  • 「朝、しっかりタンパク質を中心とした食事が取れた」

などなどです。

考えて言葉に残すことで、どうするべきだったか?と翌日以降の行動に変化が生まれます。

運動習慣がない人がいきなり運動を習慣化させるのは難しいですが、食事のとり方なら工夫でなんとかなります。

ぜひダイエット記録をつけて、自分自身の食習慣を振り返ってみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください