【FIRE】5,000万円あれば世界一周セミリタイアも夢じゃない

ザンビア(リビングストン)のゲストハウス

最近、経済的に自立しながら早期リタイアを目指すFIRE(Financial Independence, Retire Early)がちょっとしたムーブメントになっています。

年間支出の25倍の資産を年利4%の運用益で生活費をまかなうことで、労働せずとも資産を減らさずに生活できるというものです。
例えば米国株式市場の年平均リターンは約7%で、インフレ上昇率3%を考慮しても年利4%の運用益は現実的です。

僕は30代に1年間、世界一周ノマドワーカーとしてセミリタイアしました。
1年間にかかった総額は300万円くらいです。(カメラ機材、ワクチンなど準備費用40万円は除く)
旅をしながら友人でもあるクライアントのEC運営をリモートでやったり、このブログなどを書いたりして生計を立ててました。

FIREを達成しなが世界一周する場合、年間支出300万円×25倍=7,500万円を米国株式などで運用すれば、世界中を旅しながら一生働かなくても遊んで暮らせる計算です。

FIRE達成で世界一周するには運用資産5,000万円あれば可能

タイ・ピピ島の無人島&マヤベイツアー

僕が世界一周をしたのはコロナ禍前で、日本の最強パスポートをフル活用して50各国程度訪問しました。
まず世界一周しながらFIREリタイア生活をする上で必要なお金を算出してみます。

世界一周(年間支出300万円)の内訳

  • 交通費(飛行機、電車、バス、船など):115万円
  • 宿泊費(ゲストハウス、ホテル):53万円
  • 食費(自炊、外食):36万円
  • 観光費:34万円
  • 雑費(衣類、日用品、現地SIMカードなど):52万円

合計:290万円

支出の大部分を交通費が締めています。
僕はいわゆる移動型バックパッカーとしてアグレッシブに転々と世界中を旅していたので、もう少し一箇所に長く居座るような旅のスタイルなら、移動費もかなり抑えられると思います。
物価の安い東南アジアや東欧、南米などを中心にFIREリタイア生活をするなら、1年間で200万円もあれば生活はできそうな気がします。

その場合の必要資産は200万円×25倍=5,000万円です。
年間支出100万円ごとに必要資産は2,500万円も違ってきますので、支出を抑えられる国や地域で生活をすれば、FIREリタイア生活のハードルを下げることができます。

働かずに旅をする世界一周リタイア生活は長く続けられるのか?

ギリシャ(サントリーニ島)のゲストハウス

結論から先に、ずっとは普通の精神状態の人にはムリです。
働かずに生きるって人間の遺伝子にそれを拒絶するようプログラムされているくらい僕にはムリでした。

確かに働かず自由きままに好きなところに行き、好きな物を食べて、好きな時に寝て、好きなように海外で暮らす生活は最初はとても刺激的で楽しいものです。
今まで味わったこともない程の自由な時間を手に入れられます。

でも実際に世界中を転々としていた僕の経験から言えることは、そんな生活は1年と言わずも3ヶ月もすれば、かなり満たされます。

半年も立てば、社会にとって何も役に立てない自分という存在がちっぽけに感じ、

「もっと人に喜ばれることをしたい」
「誰かの役に立ちたい」
「社会や仲間と接点を持ちたい」
「誰かに認めてもらいたい」

とマズローの5大欲求が洪水のように押し寄せてきます。

マズローの欲求5段階説

世界一周中はマズローの5大欲求の頂点にあたる「自己実現欲求」は満たされますが、それ以外の屋台骨となる「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認欲求」に関しては大部分が失われます。
それが長時間続くので、とても辛くなってきます。

仮に「働きたくない」という理由だけでFIREを目指して何のプランもなくセミリタイア生活に入った場合、「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」は満たされない状態が続き、金銭的に問題がなくても精神は病み、健康まで失うかもしれません。

週末がワクワクする理由

話は少し変わりますが、週末ってワクワクしますよね。

  • 一週間頑張ったご褒美に、ちょっと美味しい物でも食べに行こうかな。
  • 映画館にでも行こうかな。
  • サイクリングにでも出かけようかな。
  • 温泉やサウナにもで行ってリラックスしようかな。

でも毎日、毎日豪華なフレンチばかりを食べていたら飽きます。
非日常だったものが日常になると、それはもう特別なことではなくなります。
特別感のないものに人はワクワクはしません。

休日は1週間の中でも特別な日です。
でも毎日が休日ならそれは特別ではなくなります。

セミリタイア、海外移住、世界一周などもそれが続けば特別ではなくなります。
あくまでもこれらは自己実現するために選択する手段であり、セミリタイアすること自体が目的にになっては長くは続きません

幸せなセミリタイア生活とは?

ギリシャ(サントリーニ島)のカフェ

まず重要なのは完全リタイアをしないことです。

  • 今の仕事をしていては、期日までに自分のビジョン達成が難しい。
  • もっと自分の時間を捻出して、新しい自分の仕事や挑戦をしたい。

などセミリタイアは手段の一つとして捉えた方が幸せかなと思います。

そういう意味でも完全なFIREを目指すよりも、まずは年間支出の12.5倍の運用資産を貯めて、残り半分は自分のやりたい副業などで生計をたてる方が、持続可能なセミリタイア生活が送れると思います。

働きながら世界一周セミリタイアするための幸せな条件

  • 運用資産:年間支出200万円×12.5倍=2,500万円
  • 副業での月額目標収入:80,000円

※年間支出200万円の場合

もちろん、世界一周しなくても日本国内でも年間支出200万円で一人暮らしなら不可能ではないと思います。

ちなみに僕は現時点で副業一本に絞ろうとは思っていません。
個人事業主、会社員と経験しましたが、会社員には会社員のメリットが沢山あります。
会社に所属しているからこそ出会える仲間、目指せる世界や見える景色もあります。

人生100年時代と言われる現在で仮に30、40代でアーリーリタイアしたら、残りの余生70〜60年間も何をしますか?
何か成し遂げたいものがないと、リタイア生活に耐えられなくなります。

世界一周という小さな夢を追いかけてひたすら動いていた僕ですら1年間が限界でした。
資産を貯める以上に人間の全ての欲求を満たす生き方は難しい問題だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください