東京一人暮らしを安く住む!月5万円のソーシャルアパートメントに半年住んだ感想

東京一人暮らし
東京一人暮らし

一年間の世界一周が終わり、仕事の都合で東京に引っ越しました。
東京に住むのはこれが2回目ですが、今回はソーシャルアパートメントを選びました。

今、注目されている賃貸居住のカタチであるソーシャルアパートメントについて、入居して半年が経過したので感想や、そのメリットとデメリットをまとめてお伝えします。

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違いは?

リビング
ソーシャルアパートメントのリビング(イメージ)

ソーシャルアパートメントとはシェアハウスとマンションが合体したような賃貸物件です。
従来のシェアハウスは部屋を入居者でシェアするので、ルームメイトと距離感が近すぎたりして、ストレスがかかります。

ソーシャルアパートメントは、寝室などのプライベート空間と、広いキッチンやリビング、ラウンジなどの共用エリアが備わっていです。
そして、ソーシャルアパートメントは30〜150人クラスの規模が大きい物件が多いので、トレーニングルームやシアタールームなどプラスαの豪華設備が揃っているのも特徴です。

元々は大手企業の社宅などに使われていた物件をリノベしていたりするので、内装なんかもかなり今っぽいオシャレな雰囲気です。

僕が住んでるソーシャルアパートメントのスペック

入居者について

居住人数
約30人
男女比
50:50
年齢層
20代〜30代

施設について

鉄筋4階建
1Fは共用エリア
2F〜4Fは居住エリア(個室30部屋)

共用設備

シャワー&洗面室
ソーシャルアパートメントのシャワー&洗面室(イメージ)
  • アイランドキッチン(12畳くらい)
  • 大型TV付きダイニング(18畳くらい)
  • リビング(18畳くらい)
  • トレーニングルーム
  • シャールーム
  • ランドリールーム 無料の洗濯機×6つ 乾燥機×2つ ※30分100円
  • 各階に大小トイレ×3つ
  • 各階に洗面台×6つ
  • 宅配ボックス×10
  • 個人用の下駄箱
  • 玄関オートロック

個室(プライベート空間)

個室スペース
ソーシャルアパートメントの個室スペース(イメージ)
  • 9畳
  • クローゼット+鏡
  • バルコニー
  • 下駄箱
  • 鍵付き扉

では僕が実際に半年間、東京のソーシャルアパートメントに住んで感じたメリットとデメリットを細かく挙げてみます。

ソーシャルアパートメントのメリット

【メリット1】家賃や初期費用が安く、生活コストが圧倒的に抑えられる

節約

なんと行っても一番のメリットは家賃が安い点です。
1ヶ月のトータル家賃は56,650円です。

僕が住んでいるのは西武新宿線で西武新宿駅から急行で25分ほどの駅で、物件は駅から徒歩4分ほどです。

周辺環境は自然豊かで、ランニングやサイクリングなどもしやすくて気に入っています。
駅周辺は小さな商店街のみで、繁華街がないので、都内にいながら地方都市に住んでいるような感覚で、治安も非常に良いです。

職場がある新宿までの通勤時間は30〜40分圏内なので移動も楽です。

家賃の内訳

  • 賃料:42,000円
  • 公益費:13,000円
  • 保険:1,650円

公益費には以下の費用が含まれています。

  • ガス
  • 水道
  • 電気
  • インターネット(wi-Fi)

ガスや水道、電気、インターネットなど個別に契約する必要もないので、入居手続きも非常に楽です。

また初期費用も抑えられるのが大きなメリットです。

  • 仲介手数料:0円
  • 礼金:0円
  • 敷金:30,000円
  • 最初の2ヶ月分の賃料を前払い:55,000円×2ヶ月=55,000円

初期費用の合計:140,000

契約時の初期費用もたった140,000円です。
(2ヶ月分の家賃の前払いが含まれるので、実質負担金は30,000円のみです)

ちなみに、同じエリアで普通の賃貸アパートを内覧し、出された申込み時の初期費用は27万円でした。

【メリット2】大型家具、家電からシェアすることで入退去が圧倒的に楽!

ソーシャルアパートメントのキッチン
ソーシャルアパートメントのキッチン(イメージ)

さらに家具や生活に必要なもモノはほとんど備え付けられて住人同士でシェアできます。

  • 洗濯機
  • 乾燥機(100円/30分)
  • 調理器具(炊飯器、フライパン、鍋、皿、まな板やお玉などありとあらゆる調理器具)
  • 冷蔵庫(キッチンに共用の大型タイプ、個室にプライベート用の小型タイプがそれぞれアリ)
  • ベッド*
  • 机*
  • 椅子*
  • カーテン*
  • エアコン*
  • ドライヤー
  • アイロン

etc…

*は個人部屋に備え付けられています。

もし普通のアパートに入居し、これらの生活道具をそろえると、契約金(27万円)と生活道具(約10万円)で37万円近くかかったと思います。
契約金(14万円)のソーシャルアパートメントとの差は実に23万円!

ちなみに僕がソーシャルアパートメントに引っ越して、新たに買った生活道具は布団くらいです。
布団があれば、引越し当日から不自由なく生活できます。

はじめて一人暮らしをスタートする人にとって、生活家電や道具などの初期費用は膨れるものですし、入退去時にいちいち引越し業者に依頼して、モノを移動させるコストも無駄です。
大型家具、家電は所有せず必要なときだけ一時的にシェアするのが賢い選択だと思います。

僕は、いつでも気軽に住む場所を移動できるよう、なるべくモノは買わずに移動にかかるコストも最小限化しています。
これは世界一周バックパッカーの旅から学んだことが、身にしみているのかもしれません。

トレーニングルーム
ソーシャルアパートメントのトレーニングルーム(イメージ)

ソーシャルアパートメントにはトレーニングルームも併設しているところがあります。
僕の住んでいるところもあります。
引っ越してからは有料ジムに行かなくても、室内トレーニグ&屋外ランニングで十分、運動できています。

【メリット3】新たなコミュニティが持てる。そして生活の質が上がる!

入居者とのコミュニケーション

あえて3番目にメリットを書きましたが、僕が感じるソーシャルアパートメントの一番のメリットはこれです!
入居者同士のコミュニケーションを通じて、新たなコミュニティが持てることです。

職場と自宅の往復だけだと、なかなか職場だけの狭いコミュニティだけ所属する形になり、新しい刺激やストレス発散の場所が限られます。
職場以外のコミュニティをどれだけ作れるかが人の幸福に左右するという研究結果もあります。

ソーシャルアパートメントに来る人たちは職種も性別も年齢もバラバラです。
今まで出会った事のない価値観を持つ人がいると思います。

また一般的に「普段、接する周囲5人の平均が自分」という話があります。
はじめてソーシャルアパートメントで一人暮らしをする場合、周囲の人から色々な料理のレシピや生活についての知恵を教えてもらう機会も多いと思います。

僕も沢山の入居者と接して色々な事を教えてもらい、料理レピシや生活の知恵の幅が広がりました。
もし、将来的にソーシャルアパートメントを出て一人暮らしをしても、周囲の人たちから学んだこれらの点は一生役立つと思います。

ソーシャルアパートメントは「一人暮らし養成所」みたいなところかもしれません。

ソーシャルアパートメントの5つのメリットまとめ

  1. 一人暮らしのランニングコスト、イニシャルコストを抑えられるので、貯蓄や投資に資金を回せる。
  2. 一生役立つ生活の知恵を授けてもらえる。
  3. 周囲の目もあり、生活習慣が改善する。(食事から起床時間、普段来ている服など、周りから見られることを意識するので良くなる)
  4. 一人暮らしでも寂しくない。日々の生活も飽きない。
  5. 色々な業種の人との出会いが刺激的。

ソーシャルアパートメントのデメリットは入居者同士のトラブル

入居者同士のトラブル

入居者同士のトラブルがソーシャルアパートメントの唯一にして最大のデメリットです。

例えば、特に僕が住んでいるのは日本人ばかりのソーシャルアパートメントですが、人のものを勝手に盗み食いする人や、女性の下着を盗む人がいます。

何度も入居者全員が入っているLINEグループで注意警告しようが、キッチンに張り紙やラベルをはろうが、関係なく盗み食いする人がいます。
もう防犯カメラでもつけようかというレベルで、被害にあっている人たちは憤慨しています。
食の恨みは怖いです。
食べようと思って買ってきたものがないのですから・・・。

その他のトラブル事例としてはこんな感じです。

  • 共用スペース(トイレやシャワー室)も使用後ですら全く掃除をしない人がいる
  • ゴミの出し方が雑(ペットボトルの飲みかけがそのまま捨ててあるから、他の入居者が後始末をする)
  • 足音、物音がすごい人がいて寝ていても起きてしまう
  • 喫煙マナーが悪い人がいる(ベランダで吸ったり、ペットボトルに吸い殻を入れてゴミ置き場に放置)
  • 食器など洗い方が雑な人がいる(これは仕方ないけど)
  • コミュニケーションが取りづらい雰囲気の人がいる(人とコミュニケーション取る気もなさそう)
  • 仕事で嫌なことがあったか知らないけど、意味も分からずイライラしている人がいて場の空気が悪い時がある

[番外]入居1年後に感じたソーシャルアパートメントの辛い体験

実はすでに入居して1年が経ちました。
入居して1年も経つと、気の合う友人ができます。

友人というよりは、当たり前のように存在する家族のような感覚です。
食事や本、お互いの知識や専門領域まであらゆるモノをシェアして、最高の人間関係が作れました。

そういう友人を大人になってから短期間で作れるのは運要素もありますが、接触頻度と接触時間が多く持てるソーシャルアパートメントならではの魅力の一つでもあります。
しかし、東京のソーシャルアパートメントの場合は出入りが激しいです。

そんな親友が退去する日も必ず来ます。
出会いがあれば別れもあります。

ソーシャルアパートメントではそういった人との別れの辛さや寂しさを感じるシーンは必ずあります。

近くで会える場所に引っ越せば良いのですが、結婚で地方に戻るとかなると、なかなか頻繁には会えなくなるのでやはり寂しいですね。

トラブルがあるからこそソーシャルアパートメントを選ぶ上で大切なこと6つ

ソーシャルアパートメント選びの重要な要素として6つあります。

  1. 立地
  2. 値段
  3. 共有施設の充実度
  4. プライベート部屋の間取りや広さ
  5. 住人の属性
  6. 管理会社

この中で見落としがちな重要な要素として管理会社です。

どうしても多人数で共同で暮らす以上、トラブルは大なり小なり発生します。
そこで、大切になってくるのが管理会社です。

管理会社がどれだけ、ソーシャルアパートメントの住人の声を聞いて、仲裁や課題解決に対応してくれるかはソーシャルアパートメント生活の快適度を大きく左右します。

例えば清掃業者が入っているにも関わらず、表面的な所しか掃除してもらえない場合もあります。
管理会社に言っても対応されない場合、結局は意識の高い住人同士で水回りなど掃除をしなければいけないケースも発生します。

掃除をするだけならまだしも、そもそも掃除用具がなく、自費で掃除道具を買ったこともあります。

管理会社がしっかり住人の要望に応えてくれる所なら、共益費から掃除道具などを買ってくるかもしれません。
私の知り合いが住むソーシャルアパートメントでは掃除道具だけではなく、共用エリアにソファなども追加購入してくたりするそうで、この辺は管理会社や運営会社の違いが大きくでるところです。

またソーシャルアパートメントは多くの人が集まる空間です。

時には部屋に友人を集めて夜遅くまで大声で話している人もいますし、ゴミの出し方が悪い人なんかもいます。

そういう場合、注意したいところですが、よくニュースでも他人を注意したら逆ギレされて、殴られて意識不明になるなんていうニュースを頻繁に見かけます。

あまりコミュニケーションをとれない人に注意する場合は、管理会社経由で言ってもらった方が無難です。(もちろん、コミュニケーション取れそうな人は直接言います)

そこで、良い管理会社かどうかを見定めるポイントとして、内覧時に「住人からのクレームにどのように対応していますか?」と率直に担当者に聞いてみるのも手です。

あとはソーシャルアパートメントの内部に張り出されている掲示物を見て、ルールや内容のレベルがあまりにも低い場合は注意が必要です。

住人モラルが著しく低い可能性もあり、そういう部分にストレスを抱えたくない人は、集団生活に耐えられないかもしれません。

東京のソーシャルアパートメント暮らしはアリかナシか?

東京一人暮らし

入居者にどんな人がいるか?という運要素が大きいですが、東京のソーシャルアパートメント暮らしは僕の中でアリです。
(ハイリスク・ハイリターンにはなります)

ここで、100人にアンケート調査で分かった「東京で一人暮らしをして後悔した8つ」をご紹介します。

  1. ホームシックになった
  2. 生活費がかかり過ぎた
  3. 満員電車が辛い・路線が多過ぎて迷う
  4. 就職が上手くいかなかった
  5. 孤独感に悩まされた
  6. 方言をいじられた
  7. 結婚できなかった
  8. 体調が悪くても頼る人がいない

出典元:https://blog.ieagent.jp/

この内、ソーシャルアパートメント暮らしで解決できる点は4つもあります。

  1. 生活費がかかり過ぎた → ソーシャルアパートメントは初期投資、維持ともに安いです。
  2. 孤独感に悩まされた → 帰宅すると誰かがいて「おかえり」と言われます。話し相手も困りません。
  3. 結婚できなかった → 入居者同士で結婚するケースも多いそうです。(相手の生活がよく見えるので結婚後のミスマッチもおきにくそう)
  4. 体調が悪くても頼る人がいない → 「なんか体調が悪いんだ」と言えば野菜&果物スムージーを作ってもらったり、葛根湯もらったり、すごく親切にしてもらえます。

デメリットも無いわけではありませんが、それを補うメリットを僕は感じますので、しばらくは東京でのソーシャルアパートメント暮らしを楽しもうと思います。

[あとがき]ソーシャルアパートメントでのトラブルを防ぐためにできること

ラウンジ

入居者のコミュニティに溶け込めるかがソーシャルアパートメント暮らしの明暗を分ける

ソーシャルアパートメントへ入居する前に一番気になるのが、すでに入居している人たちとのコミュニケーションだと思います。

基本的にソーシャルアパートメントはシェアハウスと違い、物件によっては誰ともコミュニケーションを取らずに住むこともできます。
しかし、それではソーシャルアパートメントを選ぶメリットの半分が消えます。
入居した最初の一週間で、おそらくその後のソーシャルアパートメントでの生活の方向性が決まります。

僕も不安だった引越し初日のコミュニケーション

ソーシャルアパートメントに入居した日、リビング・ダイニングからは、すごく盛り上がって楽しそうに会話する聞こえてきました。

正直、どんな人達がいるんだろう?と挨拶をしに行くのが少し不安でしたが、思い切ってリビング・ダイニングの扉を開けて挨拶をしました。
皆さん、とても良い人達で今ではすっかり一緒にいても安心できる関係性になりました。

ちなみに僕が住んでいるソーシャルアパートメントでは、共用設備であるリビング・ダイニングを利用する人は30人中10人程度です。
約2/3の人達はあまり積極的に他人とコミュニケーションはしていないです。

もし、いきなり輪の中に入りづらい場合、リビングなどに入居してきた挨拶カードと名前、気持ち程度の菓子折りでも置いておくと、新しい人が来たんだと入居者で話題になり、お礼もされるのでコミュニケーションがスムーズに始めらます。

トラブルを防ぐには、どれだけソーシャルアパートメントの中でのコミュニティに溶け込めるかが重要だと思います。
コミュニティにスムーズに入れるかは最初の第一印象が、やはりかなり重要です。

基本ですが「笑顔で挨拶」
これに勝るものはないでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください