なぜ運気の良い人は、人からの誘いを断らないのか?

なぜ運気の良い人は、人からの誘いを断らないのか?

「人や時間に合わせるの面倒だし、一人の方が気楽で良いや…」

こんな風に思っている人が最近多いようです。
ただ人からの誘いに理由をつけて断りまくっていると、次第に誰からも相手にされず誘われなくなります。
これ実体験として僕も経験済みです。

全返答にYES!映画「イエスマン」をインド旅で実践したらヤバイ展開になった話

しかし、ある時期を堺に人と(楽しく)過ごすことの幸福感や貴重さに心底気が付きました。

そして、運気の良い人に共通しているのは人からの誘い(遊びも仕事も)を断らない人が多いということです。
逆にいつも断ってばかりでは、運気が遠のき、孤独な人生へと一直線です。

なぜ運気の良い人は人からの誘いを断らないのでしょうか?
今回はその理由をご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

1.人との繋がりは幸福度を高める

ハーバード大学の成人発達研究が75年間にわたって行った調査による、対象者の約700人の幸福度要因は「いい人間関係」であるというシンプルな結論に至りました。

この調査レポート以外にも

  • 信頼できる友人の有無
  • コミュニティ参加
  • 深い愛情
  • 地域ボランティア活動への従事

など人との繋がりが幸福感を高め、心も体にも健康でポジティブな影響があるという報告が数多く発表されています。
心身ともに健康であるということは全ての土台になります。

そして人との深いつながりを感じると人は幸福を感じます。
自分は幸せだ、恵まれている、運がいいと思うことができるのです。
そのためにも人からの誘いを断らずに、関係性を深めることが大切です。

一人の時間も大切ですが、残念ながら30代以上になると徐々に人から誘われる機会が減っていきます。

どうしても気乗りしない誘いを受けた時、誘う側に一度立って考えてみる

「この前、JAZZが好きだって言っていたから、JAZZコンサート今度一緒にどうですか?」

先日、こんな誘いを年下の友人から受けたことがあります。

一度、自分のことは置いておいて、誘ってくれた人の立場で考えてみます。
例えば逆にあなたが年上を誘う時の心境はどうでしょうか?

僕は結構勇気がいる行動だと思います。
僕はこの誘いを受けて、とても嬉しかったです。
前に言っていたことを覚えてくれていたこと、コンサートを調べて誘ってくれたこと───

JAZZコンサート自体も楽しみですが、誘ってくれたことに感謝したい気持ちが強かったです。

どうにかして、すでに入っている仕事のスケジュールを調整して全力で行くと決めました。
そしてJAZZコンサートに行くことができました。
場所は高級ジャズクラブ「BLUE NOTE TOKYO」です。
当日はドラマーであるMakaya McCraven来日公演による迫力あるモダンジャズを時間を忘れて楽しめました。

誘う側は「適当な理由で断られたら、自分のことってあまり大切にされてもらってないなぁ」とか多少の不安を抱えて誘っていると思います。

相手が誘ってくれる根底にあるものは…

  • 絆を深めたい
  • あなたと一緒だと楽しい時間になる
  • 親切心や思いやり
  • 必要性(相手もメリットがある)

相手の立場にたって考えれば、自ずと誘いに乗るか断るかは明確になるはずです。
もちろん、あなたを騙す詐欺には注意しましょう。

2.運気をアップしたければ人と会う

運気をアップしたければ、運気のある人と会うのが一番です。
これは、もはや自然の摂理です。

  • お金持ちになりたければ、お金持ちに会う。
  • 仕事運をアップしたければ、仕事運のある人に会う。
  • 健康運をアップしたければ、健康的な人に会う。
  • スポーツや音楽が上達したければ、そういうコミュニティに入る。

独立研究科・山口周さんの書籍「自由になるための技術 リベラルアーツ」では「人・本・旅」の3つからバランスよく学ぶことが、これからの社会を行きていく上でより重要になると書かれていました。

人に会うということは、その人から学ぶということです。
自分にはない視点や気付き、刺激が自分自身の思考と行動にあらたな価値観がもたらせ、変化がおきます。
そのわずかな変化が、大きな運気の変化へとつながっていきます。

【本要約】自由になるための技術リベラルアーツ 「人・本・旅」から常識を疑う

3.頂いた運気は相手に返すこと

結局、人生楽しんだモノ勝ちです。
一人で遊ぶ時間もたまには必要ですが、人生振り返ったときに楽しかったのは、やっぱり人と過ごした時間です。

そして、誘われるより仲間を誘ってパーティーを企画する側が一番楽しいのです。

仲間と旅行を企画して海外に行ったり、好きなスポーツイベントに参加したり───
もし相手から仕事や人を紹介してもらえたら、その人に仕事や人を紹介する───

人を誘うことのできる人は、皆を誘ってパーティーやイベントを企画することの方が楽しいし、幸せだと気がついている人です。
ここで大切なのは、どういう気持で相手を誘うかです。
笑顔がみたい、喜んでもらいたい、などポジティブな気持で相手に伝えれば、きっとその気持は相手にも伝わります。

「喜んでもらうためには、サプライズも準備しておこう」というワクワクした気持ちがあれば、ポジティブなアイディアや発想がどんどん出てきて、楽しさの上昇スパイラルへと突入します。

誘われる側から誘う側になることができたら、一生、交友関係には困りません。
返報性の法則によって、誘うことで、誘われる機会も増えるからです。

誘われたら誘い返す。

運もお金も、全て自分の手元に溜め込むより、巡らせることが大切です。

お金もタンス預金していてはインフレでお金の価値が下がる一方です。
自己投資や株式投資などお金を巡らせることで、その価値は何倍にもなります。

いただいた運も相手に返すことで、さらにその運は何倍にもなって巡ってきます。

中々難しいですが、いつも誘われる側に回っているなら、たまには誘って好きな人に喜んでもらえるサプライズイベントを企画してみてはいかがでしょうか。

きっとあたなも相手も運気がアップし、お互いにとって一生の思い出になると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください