睡眠の質を上げて朝型に!西川のおすすめグースダウン羽毛布団のレビュー

東京西川Sleepform羽毛掛け布団

普段忙しいビジネスパーソンの中には十分な睡眠時間がとれない人も多いと思います。
僕も理想とされる7時間は寝ようと思っていても、実際にiPhoneの睡眠計測アプリで調べると週平均が6時間ほどです。
たった1時間でも週にすると1日分の睡眠時間の差になりますので、その分はしっかりと質でカバーしたいです。

睡眠の質を上げる方法

ライト

では、まず一般的に効果的と言われている睡眠の質を上げる方法をご紹介します。

食習慣

  • 適度なタンパク質を摂る
  • 就寝3時間前には夕食を終わらせる
    (どうしても就寝直前でお腹が減った場合、ヨーグルトやバナナなど消化の良いものを食べる)
  • コーヒー(カフェイン)、タバコ、アルコール、冷たい飲み物を控える

生活習慣

  • 日中、軽く運動をする
  • 40度のお風呂につかる
  • 就寝1時間前はパソコン、テレビ、スマートフォンなど画面を見ない
  • 脳が興奮するような読書もしない

就寝環境

  • 枕元に本やスマートフォンを置かない
  • 部屋の明かりを暗くする(オレンジ系にする)
  • 快適な室温に設定する(夏場は約25度、冬場は22度、湿度50~60%)
  • アロマなどリラックスできる香りをたく
  • 自分の体型にフィットしたマットレスを使う
  • 自分の頭の高さや適した硬さの枕を使う
  • 保温性・吸湿性・放湿性に優れた布団を使う

最高の睡は「就寝直後の最初の90分をぐっすり寝ること」

30万部突破のベストセラーとなった「スタンフォード式最高の睡眠」によると、最初の90分の睡眠の質を高めることが重要と書かれています。
布団に入ってもいつまでも、眠れない状態というのは、この最初の重要な90分で質を高めることができません。

人は浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を90分感覚で繰り返しています。

最初の90分の睡眠の質を高めることが一晩で4〜5回繰り返されるレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルの質を高めることに繋がります。
そのために大切なことが2つあります。

1.皮膚温度と体内温度の差を小さくする

手足が冷たい状態では、なかなか質の高い睡眠がとれません。
就寝2時間前に40度のお風呂に入浴し、もし就寝直前の場合はシャワーがおすすめです。
心地よく温かい寝具に包まれて寝ることも重要です。

2.脳のスイッチを切る(興奮させない)

寝ながら映画やドラマを見たくはなりますが、脳が一度興奮すると、睡眠に入りにくい状態になります。
就寝直前は瞑想や軽めのヨガ、ストレッチなどをして、考え事もしない方がベターです。
疲れた脳を休ませる気持ちが大切です。

[amazon_link asins=’4763136011′ template=’original’ store=’abcdesign-22′ marketplace=’JP’ link_id=’034ead50-d530-41c6-b9cd-98ba04ab4e79′]

「副交感神経」を活性化させるリラックスできる寝室環境を作る

質の高い睡眠をするには、事前準備が必要ということがわかりました。
キーワードは脳を興奮させないこと=副交感神経を活性化させることです。

今回、僕はリラックスして眠れるように少し良い寝具を買ってみました。

僕の部屋にはベッドもあるのですが、どうしても広々と床で寝たい特殊な性格をしているので、使っていません(笑)

寝具を構成しているのは主に3つ。

  1. 布団
  2. マットレス

枕は愛用のものを、マットレスは東京西川のAir(エアー01)を使っています。

西川のAir(エアー01)は前回の記事で使い心地レビューを書いていますので、そちらも一緒にご覧いただければ幸いです。

今回、掛布団に同じく西川のグースダウン羽毛布団を購入しました。

西川のグースダウン羽毛布団の使い心地レビュー

東京西川の羽毛布団のグレー色柄

僕が買ったのはハンガリー産のシルバーグースダウン90%の羽毛布団です。
ハンガリーは良質なダウンが採れるダウンベルトに位置しているようです。

DP(ダウンパワー)は400立方センチメートル/g以上で、本当にフカフカで布団の肉厚がすごいです。
しかし、かけた時に体にほとんど重さを感じない、まさに羽の軽さです。

グースはガチョウ(草食動物)なので、雑食動物のダックス(あひる)と比べて匂いが全く気になりません。
また、防ダニ生地が使用さているので、ダニの心配なく使用できます。

いままで、楽天で購入したセットで1万円程度の激安布団だったせいか、暖かさや寝心地は本当に天地の差です。

良い布団を買うと眠るのがもっと好きになる

東京西川の羽毛布団

西川のグースダウン羽毛布団を買って、ひとつ良かったことといういか、変化がありました。
それは、眠ることがもっと好きになったことです。
温かい部屋と布団に包まれる一時は一日の中で最高に幸せな瞬間です。

それゆえに、もっと睡眠を大切にしたくなり、大切にするから、どんどん眠ることが好きになります。
今まで眠くなったら寝ようとか、睡眠に対して意識が低すぎました。

今は最初の90分をいかに質の高い睡眠にできるか、ちょっとしたゲームのように楽しんでいます。

[あとがき]朝を制するものは人生を制す

時計

「朝を制するものは人生を制す」という言葉があります。
朝が苦手、なかなか起きれないという人は、夜の活動内容を見直すといいと思います。
まずは夜に活動的に過ごす生活スタイルの脱却が必要です。
夜はゆっくり睡眠に入るためのゆったりとしたリラックスタイムとして捉えて、脳のスイッチを切りましょう。

その代わり、朝いつもより少しだけ早く起きて、生産的な時間に割り当てれば、活動的に1日をスタートできます。

良い寝具を買うことで、睡眠の質が大きくあがります。
言わば自己投資みたいなものかもしれませんね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください